デイトレード

【5分足FX手法まとめ】移動平均線・ラインで勝つデイトレ・スキャルピングのコツ

目次

【5分足トレード手法】ラインから導き出すデイトレエントリーポイント

5分足手法のライントレード

ボクの5分足デイトレの手法は、

1時間足・4時間足チャートを基準にしたライントレードが基本です。

1時間足や4時間足の状態を基準にして、そこから5分足で獲れる局面を探すようにしています。

 

5分足をメインにトレードしていますが、実際監視しているのが「1時間足や4時間足チャート」で、5分足チャートはいよいよエントリーという場面までほとんど見ません。

1時間足・4時間足のような上位足トレーダーが節目として認識出来る水平ライン上でトレードを行うことによって、上位足トレーダーからの注文が入りやすく、5分足でとりやすい局面になるからです。

5分足トレードで勝つラインを引くコツ

ラインは適当な価格帯に引いても、大勢のトレーダーが認識してくれなければラインとして正しく機能してくれません。

そこでおススメするラインの引き方が「高値切り上げ・安値切り上げ」「高値切り下げ・安値切り下げ」支点となるポイントに水平ラインを引くのがコツです。

下の実チャートを見てください。

高安値切り上げ(切り下げ)の支点となったポイントで、未来の値動きがバウンドし、しっかり影響を受けていることが分かると思います。

切り上げ・切り下げの支点となった価格帯というのは大勢の投資家が「この価格帯から大きく上がる(下がる)」と意識し、注文が殺到した重要な痕跡であり、今後の値動きもこの部分に意識されやすくなるのです。

この「大勢の投資家に意識されるポイント」を見つけることが出来るようになると、自然とエントリーポイントを導き出せるようになっていきます。

エントリーポイントは「押し目・戻し目」

エントリーポイントとしておススメしたいのが直近高値(安値)での「押し目買い・戻し売り」です。

「押し目買い」とは上昇トレンドの一時的な下落の後、再び上昇に転じるポイントのことです。

「戻し売り」とは下落トレンドの一時的な上昇の後、再び下落に転じるポイントのことです。

あせって飛び乗るのではなく、価格が有利な水準まで来るのを待ってエントリーするので、逆行する可能性が低く、勝率の高いFXトレードとなるのです。

押し目・戻し目を狙う上で大事なポイントは、5分足でしか認識されない押し目・戻し目を狙うのではなく「1時間足・4時間足で認識される押し目・戻し目」です。

後は押し目となった赤〇部分を5分足でどうエントリーしていくか考えるだけ。

これは後々解説していきますが、5分足でしか認識されない押し目・戻し目を狙らっても、1時間足や4時間足のような上位足チャートでで認識されていなければ注文が集まらず、思うような伸びにつながっていきません。

初めてでも勝ちやすいFX手法のおススメの作り方!勝率UPのエントリーの基本まとめ 勝てるトレード手法まとめ!FX初心者におススメの簡単エントリータイミングの作り方 FX初心者でも勝ちやすいエントリーの方法とは...

1時間足・4時間足移動平均線で見つける5分足エントリーポイント

移動平均線5分足エントリーポイントの見つけ方

5分足でエントリーすると言っても、観察するのは5分足チャートではありません。

基本的に観察するのは上位足である1時間足や4時間足の移動平均線の状態であり、5分足チャートはいよいよエントリーという段階まで見ることはありません。

なぜなら、5分足の流れは上位足である1時間足や4時間足の中に内包されており、この中から5分足でエントリー出来そうな部分を探していきます。

もしMT4をお使いの場合は「分割画面」にすると観察がラクになります。

ボクの場合は水平に分割し、上のチャートが4時間足、そして下のチャートに1時間足の状態を表示させています。

緑の四角枠の中の赤〇部分が5分足での買いエントリー候補となる部分。

4時間足チャートでは、レートがしっかり移動平均線に支えられ、下の1時間足チャートを見てみると、これまた4時間足の20MAにあたる80MAでしっかり反転しています。

あとは、この赤〇部分を5分足でどうエントリーしていくか?を考えるだけ。

チャート分割画面を今度は「1時間足」と「5分足」に切り替えて見てみましょう。

1時間足で見つけた買いエントリー候補を5分足で見てみると「ダブルボトム」の上抜けからレートが960MA(4時間足の20MA)と240MA(1時間足の20MA)を突き抜けています。

上位足ではローソク足が移動平均線にタッチしただけに見えても、5分足での下位足でタッチ部分を見てみると「チャートパターン」が出来てたりしますので、教科書通りのエントリーでも充分勝率が高いものになります。

移動平均線でFXで勝つ!おススメの組み合わせや勝てるエントリーポイントと期間設定移動平均線だけでFXは勝てるのか? 移動平均線で勝つための逆行しない最重要ポイントとは? 移動平均線を正しく使いこなす秘訣は、 ...

移動平均線・押し目戻し目を複合させた5分足デイトレ

下の画像をご覧ください、コチラは「ポンド/ドル」1時間足のチャートです。

画像を見ると、高値切り下げ・安値切り下げの下落トレンドの形が出来ており、青〇の部分が戻し目になっています。

この上位足での押し目・戻し目部分は、5分足のような下位足でサッと獲っていける絶好のポイントです。

では、戻し目部分に移動平均線を表示させ、5分足チャートで見てみましょう。

5分足チャートを見ると、下向きの1時間足の20MAが、ちょうど戻し目のラインでレートを上から押さえつけています。

そして、一旦上昇に転じた5分足・15分足の移動平均線が1時間足の移動平均線で反転し、再下落に向かいました。

この3者の移動平均線が同じ方向へ進み始めた赤〇のポイントで売りエントリー。

3者同じ方向へ進み始めたことで「パーフェクトオーダー」が発生し、大きく下落していきました。

このように、「上位足での相場環境を観察すること」でより5分足でのトレードが安定するようになってきます。

パーフェクトオーダーでの利益確定の仕方

先ほどのポンド/ドルをどこで利食いしたかと言うと、下の画像、緑〇部分のパーフェクトオーダーが崩れたポイントです。

売りエントリー後、3本の移動平均線は角度をつけ、かつ平均線同士の間隔を開けて下落してきましたが、緑〇のポイントで始めて5分足の平均線と15分足の平均線がクロスしたことで「パーフェクトオーダー崩壊」とみなし、利益確定しました。

パーフェクトオーダー中、所々でレートが上昇を挟んでいますが、結局流れに逆らうことが出来ず、再度反転して大きく下げているのが分かりますか?。

値動きと言うのはどんな状態にあろうとも、常に上下動を繰り返しているのですが、この細かい上下動に騙されて、せっかく柿入れ時のチャンスに入ったのに、サッサと利食いしてしまっては伸ばせる利も伸ばせなくなってしまいます。

なので、パターンに入ったらどっしり構えてトコトン利益を伸ばしていきましょう!。

5分足移動平均線トレード手法の基本的考え方

5分足デイトレの基本は「上位足の移動平均線の向きに逆らわないこと」です。

肝心なことは「上位足である1時間足や4時間足の移動平均線の向きと下位足である5分足の移動平均線の向きが一致すること。」

レートが大きく伸びていくときは双方の移動平均線の向きが一致したときであり、ここがチグハグだと思わぬ方向へ急反転したりします。

なので、5分足の移動平均線が上げてきていても、上位足である1時間足の移動平均線が下げてきていたら買いは控えること。

逆に5分足の移動平均線が下げてきていても、1時間足の移動平均線が上げてきていたら売りは控えること。

このように、5分足の移動平均線を基準にするのではなく、上位足の移動平均線を基準にすることで、ダマシが少なく、戦績も安定してきます。

5分足チャートに上位足移動平均線を表示させる方法

5分足に1時間足の移動平均線を表示させる方法

毎回画面を切り替えて各時間帯の状態を確かめるのも億劫ですので、ボクの場合は、5分足チャートを見る場合は「5分足・15分足・1時間足の20MA」の3本を表示させています。

移動平均線のセッティングは「MT4」を使用すると簡単に表示させることが可能です。

20MAの移動平均線を使用する場合、やり方としては、15分足は5分足の3倍ですので、「20×3=60MA」となり、1時間足の場合は12倍ですので「20×12=240MA」を表示させます。

5分足チャートに表示させる平均線 5分足チャートでの見方
20MA 5分足の20MA
60MA 15分足の20MAに相当
240MA 1時間足の20MAに相当

こうしておくことで、5分足チャートを見ながら、同時に15分足・1時間足の平均線の状態を監視することが出来るのです。

【おすすめ移動平均線設定まとめ】MT4・FX5分足デイトレで使える設定とは?この記事では「FXの移動平均線の期間について教えて欲しい」「MT4で移動平均線はどうやって設定するの?」「おすすめの設定期間が知りたい。...

移動平均線で見つける5分足スキャルピングポイント

5分足スキャルピング①上位足移動平均線が平行になっているポイント

上位足移動平均線が平行になると、レートは横ばい状態になりやすくなります。

下の画像をご覧ください。

画像は、5分足に4時間足と1時間足の移動平均線を表示させたもので、4時間足と1時間足の移動平均線は真一文字になっており「トレンドレス」の状態です。

レートはより大きな流れに従って動く法則があり、上位足移動平均線が真横を向いている以上、大きな流れは横ばい状態ということになるので、細かい値幅で売買するスキャルピングには向きの状態だと思います。

5分足スキャルピング②5分足が上位足移動平均線に挟まれたポイント

今度はレートが上位足平均線同士に挟まれている状態です。

画像では5分足のレートが上から覆い被さる1時間足平均線と、下から支える4時間足の平均線に挟まれ、上にも下にも行けなくなってる状態です。

このように、上位足同士の平均線の向きがチグハグだと、下位足は上にも下にも行けず、横ばいになるしかありません。

トレンドフォロー主体のトレードではどうやっても勝てませんが、短いスパンで売買を繰り返すスキャルピングなら向いている相場と言えます。

FX5分足で勝てない理由とは?エントリーポイントを見つけるチャートの読み方とコツ

5分足トレードで勝てない原因は何?

これは5分足トレードに限ったことではないのですが、やはり勝てない最大の原因は、

「他の時間足の状態を無視しているから」だと思います。

つまり「5分足でエントリーするのだから他の時間足を見る必要はない」と、5分足チャートばかり観察し、1時間足や4時間足チャートでの環境観察を怠ったためだと考えられます。

ボクがFXを始めた当初もそうだったのですが「5分足でエントリーするんだから5分足チャートだけ見てればよい」という考え方で他の時間足の状態を見るという概念が全くなく、そのせいで「相場の環境認識」が出来ていないまま、やみくもにトレードしていたのです。

5分足チャートを見てもエントリーポイントは見つからない

実は「5分足でのエントリーポイントは5分足チャートを見ても見えてきません。」

5分足で獲っていけそうなエントリーポイントは「1時間足・4時間足」のような更に上の「上位足」の中に隠されています。

1時間足や4時間足での環境が整うからこそ、5分足のような下位足でトレード出来る環境が整うわけで、むしろ5分足チャートを観察するより、コチラの方が重要なのです。

なので、5分足チャートを血眼で見つめていても、5分足に最適なエントリーポイントと言うのは見えてこないのです。

5分足のエントリーポイントは「より上位の時間足」の中にある

なぜ5分足チャートが大きく伸びていくのでしょうか?。

それは「さらに上位足である1時間足や4時間足チャートでも伸びる要素があるからです。」

例えば5分足での価格の向きが上向きなのに対し、上位足である1時間足や更に上位に当たる4時間足のレートの向きが下向きだった場合どうなるでしょう?。

価格は大きな流れに沿って動くものですので、流れの小さな5分足でいくら価格が上向いたように見えても、より大きな流れを表す1時間足や4時間足での価格の向きがチグハグだと、思うような伸びは期待出来ないのです。

大事なことは「5分足と更に上位に当たる時間足とのと流れの一致。」

つまり、5分足でトレードを行うためには上位足である1時間足や4時間足がどこを向いているか?という環境認識が必要となってくるわけで、その中に5分足でエントリー出来そうなポイントが見えてくるわけです。

「FX5分足デイトレ基本とルール」勝てないトレードから脱却するチャートの見方

上位足の移動平均線の向きに逆らわない

移動平均線を5分足トレードで使う際、一番重要視してほしいのが「上位足の移動平均線の向きに逆らわない」ということです。

例えばレートが5分足の移動平均線を上抜き、一見上昇のサインにとられるかもしれませんが、その上に覆いかぶさるように下向きの1時間足や4時間足の移動平均線が位置していたらどうなるでしょう?。

そうなると、5分足では上昇のサインのように見えても、より上位である1時間足のトレーダーからすれば売り増しポイントとして認識される可能性が高いので、逆に下げてくる可能性が高くなってくるのです。

なので、5分足の移動平均線の状態だけで判断するのではなく、1時間足や4時間足の平均線の状態がどうなってるのかも合わせて確認するようにしましょう。

1時間足の移動平均線の向きが下向きなら売り中心に考える。

1時間足の移動平均線の向きが上向きなら買いを中心に考える。

ここが基本です。

「グランビルの法則」とは?移動平均線でエントリータイミングを見つけるおススメ手法 移動平均線の勝てるエントリーポイントを見極めるFX手法「グランビルの法則」とは? 移動平均線でのエントリーポイント明確にした「グラ...

上位足チャートで意識されてるラインを引く

5分足でトレードするからと言って、5分足を主観にしたラインだけを引いてしまっては意味がありません。

大事なポイントは「1時間足や4時間足のような上位足でも意識されるラインを引くこと。」

5分足チャートでしか認識されないラインをいくら引いても、5分足トレードにはほとんど役立ちません。

なぜなら、5分足でしか意識されないラインをいくら引いても、そもそも1時間足や4時間足のような上位足では、その価格帯が節目として認識されないため、ブレイクしようがしまいが、全くレートに影響を与えないからです。

実際ボクも5分足チャートにはほとんどラインを引かず、1時間足や4時間足をメインにラインを引いています。

1時間足や4時間足の上位足でトレードする投資家がそのラインを節目として認識することで、そのライン付近に注文が集まりやすくなり、5分足で伸びる要素が出てくるわけです。

水平ラインでFXを極める!勝率の高いエントリー・ブレイクを見極める正しい引き方。 水平線トレードでエントリータイミングを極める!簡単に使えるFXテクニカル分析の要 水平線のみで反発・ブレイクポイントが簡単にわかる...

パーフェクトオーダーの流れに入ったらポジションを維持する

エントリー後、価格のちょっとした反転に怯えて利食いしてしまって「もっと伸ばすことが出来たのに・・・」と後悔した経験ありませんでしたか?。

価格の動きと言うのはどんな状態であろうとも常に上下動するもの。

それに振り回されて伸ばすところを伸ばせないというのはとってももったいないですよね?。

エントリー後、どこまで伸ばし、どこで利食いするかは一番悩むポイントだと思います。

そこで目安としてほしいのが「パーフェクトオーダー」です。

パーフェクトオーダーとは、複数本表示した移動平均線の角度が同じ方向を向いており、かつ平均線同士の間隔が広がっている状態のことです。

パーフェクトオーダーはパターンが崩れるまでどこまでも伸びて行く、言ってみれば「ボーナスステージ」のようなもの。

なので、エントリー後、移動平均線の状態がパーフェクトオーダーに入ったら、パターンが崩れるまでポジションを維持するようにしましょう。

まとめ

5分足トレードに限った話ではありませんが、5分足でトレードしようとも、15分足や1時間足でトレードしようとも、大事なことは「トレードする時間足チャートよりも上の時間足チャートを観察するクセを付けること」です。

レートというのは「より大きな流れに沿って動くもの」ですので、5分足よりも1時間足や4時間足のような大きな時間足チャートでの流れの方がよりレートに影響を及ぼすわけです。

なので5分足トレードとは、その「1時間足や4時間足で影響がありそうなポイントを5分足でサッと獲っていく」という感じです。

【無料メール講座】1週間でトレードが100倍上達する魔法のメゾット

FXトレードに必要な「相場環境の把握の仕方」「効果的なラインの引き方」「ブレイクすることで大きく値が伸びていくポイント」など詳しく解説しています。

登録はコチラ