手法・テクニック

チャートパターン・移動平均線でエントリーポイント攻略!おススメのFXトレード手法

 

FX初心者におススメのインジケーターとツール解説!FXはこれだけあれば充分!

FX初心者は「移動平均線」と「時間足」さえ使いこなせば勝てるトレードは充分!

FXには「MACD」「RSI」「ストキャスティクス」などなど、相場の流れを教えてくれるインジケーターやオシレーターがたくさんありますす。

なので、初心者の方は「どれを使えばいいんだろう・・・?」と悩むことがあるかもしれません。

しかしボクは、初心者のうちからアレコレとインジケーターを使う必要はないと考えています。

なので、FX初心者の方は「移動平均線」と「時間足」それを補完し、裏付けを取るための「トレンドライン」や「水平線」さえあれば充分です。

移動平均線を使用せずにトレードするトレーダーはほとんどいないと思います。

さらに「時間足」は価格の流れを掴むためには必要不可欠なツールです。

それぐらいポピュラーかつ人気のあるインジケーターなので、まず間違いないと思います。

インジケーターは「あればいい」というものではない

なかなか成果が出ない方のチャート画面を見てみると、たくさんの種類のインジケーターやオシレーターを重ねて表示おり、分析画面というより、「何かのアート」のようなチャート画面になっている方が多いです。

これでは、どれがどのサインで、どういう時にエントリーしていけばいいかわかりません。

インジケーターは「あればいい」というものではありません、たくさんあっても使いこなせなければ無価値なんです。

中には「このインジケーターが示すサイン通りに売買するだけで勝率○○%!」という高額で販売されているインジケーターもあるんですが、残念ながらFXというのは、単純にインジケーターが示すサイン通りに売買するだけで勝てるほど簡単ではありません。

なぜなら、インジケーターやオシレーターの「設定値」は人それぞれ違うからです。

設定値が違うとサインの発生がズレていきます、世界共通の設定値が示されているのでしたら話は別ですか、残念ながら共通の設定値というのはないので、「インジケーターの示すサインだけ」でトレードするのはかなり厳しい部分があります。

FX初心者のための失敗しないトレード!「時間足を気にしてトレードしているか?」

突然ですが、みなさんは「孫悟空」のお話を覚えていますか?。

お釈迦様が孫悟空に対して「自分の手の中から出ることが出来たら、あなたの罪を許しましょう」と賭けをするお話です。

このお話の結末はと言うと、筋斗雲で遥か遠くへ飛んで行ったと自分では思っていても「実はお釈迦様の手の中で飛んでいただけ」というオチでしたよね?。

時間足の使い方がイマイチピンと来ない方は、ちょっとこのお話をイメージしてみてください。

つまり、孫悟空(下位足側のトレーダー)が「ここまで飛んできたんだからもう大丈夫だろう」と思っていても、お釈迦様(上位足側のトレーダー)からすれば「まだ全然自分の手の中」なわけです。

このお話を時間足の使い方に置き換えると、1分足のような下位足チャートが一見上昇に向かってるように見えても、更に上位足である1時間足・4時間足チャートで下落に向かっていたら、それは「下落に流れの中で発生した短期的な上昇」に過ぎず、上位足トレーダーにしてみたら「まだ流れは下落の中」と認識されてしまい、買い(売り)の注文が集まってこないということなんです。

FXでなかなか成果を出せない方には、エントリーポイントやインジケーターのサインだけにかまけて、「時間足」というツールをないがしろにしている気がします。

例えば「短期売買だから」と言って、1分足だけしか見ないとか、「1つの時間足だけでトレードする」というのは愚の骨頂です。

1分足チャートが上向きでも、それより上位の時間足に当たる15分・1時間足が下向きならば、思うように伸びていきません。

なので、1分足でエントリーしていくつもりなのなら、1時間足を「長期の流れ」15分足を「中期の流れ」として見て、1時間足でエントリーするつもりなら、4時間足を中期に、日足を長期の流れとして、「エントリーを判断する時間足より、1つ・2つ上の時間足の状態をチエックするクセを身に着けてください。」

※時間足について詳しく知りたい方はコチラ!→「時間足とは?FX初心者おススメの勝てる時間足の見方と組み合わせで値動きを読み解く」

移動平均線エントリー手法をイチから極める!短期・中期・長期線のおススメの使い方

FX初心者おススメの勝てるトレードルール①「移動平均線の向きに逆らわないトレード」

「移動平均線の向きに逆らったトレードはしない」これだけでもFXは充分に勝つことが出来ます。

少なくとも移動平均線の向きに合わせたトレードをしていれば、ボロ負けという事態にはならないはずです。

なので、移動平均線の向きが上向きなときは「買いだけを考える」移動平均線の向きが下向きなときは「売りだけを考える。」

少なくともここを守っていけば、「買ったほうがいいのか?」「売ったほうがいいのか?」で悩むことはありません。

時たま、価格が移動平均線の向きに反して大きく変動するときもあり、ついつい「流れが変わった!」と飛びつきたくなりますが、そこはグッとこらえてください。

値動きと言うのは「移動平均線の向きが変わらない限り変わらない」という大原則を、FX初心者の方はしっかりと頭に入れておいてください。

※移動平均線について詳しく知りたい方はコチラ!→「移動平均線だけでFXは勝てる!FX初心者のためのカンタン移動平均線の見極め方」

FX初心者おススメの勝てるトレードルール②「上位・下位足の移動平均線の向きの一致」

移動平均線を上手にトレードに活かすコツは、1つの時間足だけの平均線を見るのではなく「上位足」の移動平均線もセットで見ることで、基本は「上位足での移動平均線の向きに逆らわないこと」です。

そして、価格が大きく値動きしていくときは、「上位・下位足の移動平均線の向きが一致したとき」です。

なので、トレードルールを作るとき、上位足・下位足の平均線の向きがバラバラのときは「待つ。」

上位足・下位足の移動平均線の向きが一致し始めたとき「トレードの準備をする。」

そして、それぞれの移動平均線が乖離し、伸びきった「パーフェクトオーダー」を迎えるころには利益確定のプランを立てておくようにします。

この局面から新しくポジションを入れていくのは既に遅い状態です。

このようにエントリーするときのルールを作っておけば、急な価格の変動にも惑わされず、コンスタントにトレードが出来るようになります。

移動平均線短期・中期・長期を組み合わせた勝ちやすいトレード実戦例

下の画像をご覧ください、コチラは4時間足のチャートで、長期移動平均線は下げているのに、中期・短期線は上げてきています。

価格が長期移動平均線の真下に位置しているということは、方向性は「下向き」ですので、「売り」でトレードプランを立てていきます。

あとは、どこで短期・中期線が長期移動平均線の向きと一致し始めるかというポイントを探るだけ。

そこで、次は下位足のチャートで、短期・中期線の一致するポイントを見つけに行きます。

下の画像をご覧ください、コチラは4時間足より下位に当たる1時間足のチャートです。

画像の下位足のチャートを見て「価格が短・中・長期線の上にあるから方向性は上向なのでは?」と思わないでください。

チャート画面には表示されませんが、その真上に上位足である4時間足の長期移動平均線が通っていることをしっかりイメージしましょう。

その後、価格が4時間足の長期移動平均線に押し戻される感じで下落し、白い水平線をブレイクした青〇のポイントでちょうど下位足の平均線の向きも上位足の平均線の向きと一致し、本格的な下落トレンドに突入していきました。

なので、上位・下位足の移動平均線の向きが一致する白い水平線をブレイクした青〇のポイントはエントリーポイントの候補になります。

FXチャートパターン鉄板の使い方解説!FX初心者必見の正しいチャートパターン手法

FX初心者のためのチャートパターン解説!「チャートパターンって何?」

チャートパターンというのは、価格の流れの転換を「特定の形」として表したものです。

1つは価格が天井もしくは底を突いたことを示す「反転型」と、もう一つが上昇・下降トレンドの流れの中で起こるレンジ相場(横ばい状態)を示す「保ち合い型」の2つがあります。

反転型の代表的なチャートパターンが「ダブルトップ」「ダブルボトム」「ヘッドアンドショルダー」「ヘッドアンドショルダー・ボトム」の4つです。

保ちあい型の代表的な形が「三角持ち合い」「フラッグ」「ウェッジ」の3つです。

チャートパターンと言っても、「この形が出来たから上がる(下がる)」と約束されたものではないので、エントリーしていくためには、他の根拠も必要になってきます。

エントリータイミングとして使えないチャートパターンFX初心者にありがちな失敗例

ここでFX初心者の方に注意してもらいたいのが、チャートパターンが形成され、そのパターンが崩れたからと言って即エントリーしてしまうのはNGということです。

実はチャートパターンというのは状況によっては、ブレイクしてもエントリーポイントとして全く使えない場合もあるんです。

下の画像をご覧ください。

画像の黄色枠の部分で、キレイな「ヘッドアンドショルダー」が形成されており、更にネックラインである青色の水平線をブレイクしていますので、「これから大きく下落してくる」と思われていたところ、逆に価格はグイグイと上昇してしまいました。

「ヘッドアンドショルダーという天井を突いたチャートパターンが形成された」「ネックラインをブレイクしてチャートパターンの崩壊も確認した。」

はた目には充分下落する根拠が揃っているはずなのに、なぜ価格は逆に上昇してしまったのでしょう?。

実はここにもちゃんと理由があります。

もう一度先ほどのチャートをよく見てください。

結果的に言うと、チャートパターン崩壊の基準となる青色のネックラインをブレイクしたものの、移動平均線が抵抗帯となって、上に弾き返されたということですね。

しかも直近の安値も更新出来ていません。

移動平均線は「抵抗帯」としても作用する上に、基本的に移動平均線の向きが変わらない限り流れは変わりません。

移動平均線との位置関係を無視してエントリーしてしまうと、チャートパターンが形成されても、短期・中期・長期平均線が抵抗帯となり、大きく逆噴射するというリスクをはらんでいるわけです。

なので先ほどの実チャートでは、ヘッドアンドショルダーが崩壊したとしても、短・中・長の移動平均線が上向きであり、値動きの転換の条件を満たさない以上、流れが下落に転換するとはまだまだ言えない状況なわけです。

こういう状況のときは、エントリーするつもりで見るのではなく、「上昇の勢いが弱ってきた」と考えて、しばらく様子見するつもりで接したほうが良いでしょう。

※価格の流れ・値動きの仕組みについて詳しく知りたい方はコチラ!→「ダウ理論とは?FXトレード手法に転用させるトレンド転換・エントリー・平均値の見方。」

FX初心者必見!エントリータイミングとして使いやすいチャートパターン実戦例

「では、チャートパターンの崩壊はエントリータイミングとして使うことが出来ないのか?。」

と言われると、そうではありません。

状況によって「エントリータイミングとして使えない時」「エントリータイミングとして使える時」があるということです。

では、エントリータイミングとして効果的なチャートパターンの使い方とはなんなのか?。

それは「調整の流れの中で発生したチャートパターン」です。

流れには「主要な流れ」「調整の流れ」の2つがあり、調整の流れの中で発生したチャートパターンというのは「調整が終わってこれから主要の流れに戻りますよ」というサインとして捉えることが出来ます。

 

実際のチャート画像をご覧ください。

上の画像は、長期平均線が完全に下を向き、主要な流れが下向きであることがハッキリしているときに出現したチャートパターンです。

「ダブルトップ」「ウエッジ」双方とも、チャートパターンが崩壊する白〇のポイントで大きく下落していますよね。

こういう時に発生したチャートパターン崩壊は、即エントリーでもかなり勝率は高いでしょう。

このように、「チャートパターンが発生して崩れたから則エントリー!」ではなく、「移動平均線の向き」「価格が移動平均線のどの位置にいるか?」を考慮し、パターン崩壊後、待つべきか、エントリーかを見極めていけるようにしましょう。

まとめ

上位・下位足の時間足での移動平均線の状態を読み解くことが出来ると、かなり勝率の高いエントリーポイントを見つけ出すことが分かって頂けたかと思います。

さらには「チャートパターン」の中に「移動平均線の状態」「上位・下位足の時間足」を組み合わせてみると、「なぜ、チャートパターン通りに値が動くのか・動かないのか?」も見えてきましたよね?。

そこに特別な手法やインジケーターは必要ありません。

そもそも、トレードをインジケーターやオシレーターが出すサイン任せでエントリーしていても、FXというのはなかなか勝てません。

「価格の流れ」をちゃんと把握して使うからこそ、インジケーターやオシレーターというのは初めて効果を発揮するものなんです。

何がなくとも「移動平均線」「トレンドライン・水平線」「時間足」この3つがあれば、FXというのは大概勝つことが出来ます。

ゴチャゴチャとたくさんのインジケーターでチャート画面を武装するのではなく、”「1つのインジケーターをトコトンまで使い倒して極めてみる!」”

初心者の方はまずここを意識して使ってみてください。

 

 

 

 

超ド素人から極めるFX無料メール講座

FXの仕組み・口座開設のやり方・チャート分析のやり方など、これからFXを始めたい方向けの無料メール講座です。

登録はコチラ