チャート分析の基礎

【押し目買いのコツ】FXエントリーポイントを極めるためのタイミングと戦略とは?

「押し目買い・戻し売り」はトレンドの流れに沿ってトレードする「トレンドフォロー」には絶対に欠かせない手法であり、みなさんが血眼で探す「エントリーポイント」はまさにここに隠されていると言っても過言ではありません。

そこで、当記事では押し目買い・戻し売り手法を理解していただくための「基礎知識」からより押し目買い・戻し売りの精度を高めるための上級テクニックなどを記載しています。

押し目買い・戻し売りとは?基本とメリットについて

押し目買い・戻し売りとは?

「押し目買い」「戻し売り」とは、相場のあるタイミングでレートが大きく上げた(下げた)ときに、一時反転してきたところから再度大きく伸びることを期待する手法のことです。

大きくレートを上げ、そこから一時反転下落したところから買いエントリーして行く方法を「押し目買い。」

大きくレートが下げ、そこから一時反転上昇したところから売りエントリーして行く方法を「戻し売り」と言います。

どんなメリットがあるのか?

押し目売り・戻し売りのメリットは「より安いところから買える」「より高いところから売れる」というメリットがあります。

と、言うのも、レートが伸びきったポイントから入るとなると、「割高感」「割安感」を感じた投資家から更なる注文が入り辛くなり、根元からトレードした投資家は利食いを考えます。

ですので、レートが伸びきった頂点からではなく、一時反転してからの方がより安く、より高く売買することが出来るので、伸びるレートの根元から値幅を獲ることが出来るのです。

押し目買い・戻し売りはトレンドフォローには欠かせない

押し目買い・戻し売りはトレンドフォローには欠かせない手法です。

トレンドフォローは、トレンドの流れに沿ってエントリーする手法ですが、トレンドが出ていたらどのタイミングで注文を出しても良いというものではありません。

トレンドが出ていても、レートが既に伸びきっているポイントで仕掛けてしまったら勝率は著しく低いものになってしまいます。

そこで押し目・戻し目を利用することによって、トレンドの流れの中の「より優位な価格帯」で注文を出し、レートの伸びをより根元から獲っていくことが出来るようになります。

押し目買い・戻し売りは難しい?勝率上げるためのテクニカル要素

押し目買い・戻し売りが難しい理由とテクニカル要素

押し目買い・戻し売りが難しい理由は、押し目・戻し目から再度大きな伸びにつながる「根拠」となるものがどこにあるのか?を見つけることにあります。

伸びる根拠がなければ当然注文は集まりません、押し目を付けたとしても反転せず、逆行していくことだって考えられます。

よって、押し買い・戻し売りを成功させるためには、押し目・戻し目を付けて来たときに、付けてきた押し目・戻し目を下支え・上抑えしてくれるテクニカル要素となるものがあるかどうかを見つける必要があります。

トレンド判定が出来ないと押し目買い・戻し売りは難しい

押し目買い・戻し売りという手法は「トレンドが発生して」初めて有効な手法となり、この手法を有効に使うためには「トレンド判定」が大事になってきます。

トレンドとは「流れの向き」のことであり「現在の流れはどちら向きなのか?」「買いと売りどちらが優位なのか?」の判断が出来ないと押し目買い・戻し売りは効果的に使えません。

例えば下の画像をご覧ください。

左のパターンでは「高値切り上げ・安値切り上げ」の上昇トレンド流れを形成しており「買いが優勢」ですが、右のパターンでは「高値切り下げ・安値切り下げ」の下落トレンドの流れを形成しているため「売りが優勢」です。

双方レートが上昇し、等しく押し目買いを仕掛けたとき、左のパターンは「買いが優勢」なため、押し目買いの成功率は高くなるのですが、右のパターンでは「売りが優勢」なため、押し目買いの成功率は著しく低くなります。

このように「トレンド」を先に判断し「売りと買いどちらの勢力が優勢なのか?」を判断出来るようになる必要があります。

オシレーターでダマシを回避!勝てない押し目・戻し目とは?

よく、トレンドフォローでの押し目買い・戻し売りを行った結果、レートが逆行してしまい、上手く行かなかったという報告を頂きます。

押し目買い・戻し売りは、トレンドが発生した時に強力な手法となりますが、トレンドが長く続き、押し・戻しの回数が増えれば増えるほど、勝率は下がり、かつレートの伸びが短くなってきます。

こんな時は「オシレーター」が有効です。

「MACD」「RSI」「ストキャスティクス」などなどありますが、どのオシレーターでも、トレンドが長く続き、レートの伸び率が悪くなると、レートの動きとオシレーターの数値が矛盾する「ダイバージェンス」が発生します。

よって、トレンドの流れに沿って押し目買い(戻し売り)を仕掛けようとしても、オシレーターでダイバージェンスが発生していたら「投資家の多くが現在のトレンドの流れに対して不安を感じている表れ」ですので、買い(売り)を控えるという判断を下すことが出来ます。

オシレーターって何に使うの?FX初心者におススメのオシレーターの紹介と使い方オシレーターとは?FX初心者に知ってほしい正しいテクニカル分析での使い方 オシレーターの重要な役目は「相場の心理状態」を測ること オ...

勝率が格段にUPする押し目買い・戻し売りのコツと強力なエントリーサインとは?

勝率を上げる押し目買い・戻し売りのコツ①「直近高安値」

押し目買い・戻し売りの勝率を上げるコツ①は「直近高安値」に注目することです。

高安値切り上げ・切り下げが成立したときに形成された直近高安値は、トレンドが成立するきっかけになった価格帯であるため「節目」として多くの投資家から認識されやすくなります。

下の画像をご覧ください。

同じ押し目を付けたAとBですが、押し目買いを行う上で成功率が高くなるのは「B」です。

でも「Aで押し目買いしたほうが大勝ち出来るのでは?」と思われたかもしれません。

確かに結果だけ見ればAから買ったほうがより値幅を獲れています。

ですが、直近高値というテクニカル的根拠となる節目に支えられているBとは違い、Aはどこにも支えられていません。

支えてくれるもの・抑えてくれるものがあったほうが、投資家も安心して注文を出してきやすくなるので、結果的にレートが素直に伸びやすくなります。

押し目買い・戻し売りのコツ②狙うのは「最初の押し目」

押し目買い・戻し売りのコツ②は「最初の押し目を狙うこと」です。

最初の押し目とは主に「トレンド転換」したときに初めて付けた押し目のことで、1発目に付けた押し目は素直に伸びやすく、かつ、1番大きくレートが伸びていく可能性が最も高いポイントです。

逆に1方向へのトレンドが長く続き、押し戻しの回数が多いほど、勝率が下がり、なおかつレートが伸びて行きにくくなります。

押し目買い・戻し売りのコツ③「押し目・戻し目の深さ」

押し目買い・戻し売りのコツ③は「押し目・戻し目の深さ」です。

押し目買い・戻し売りを行う際には、この押し戻しの深さが重要であり、押し戻しが深すぎると流れそのものが変わってしまいますし、浅すぎると、大勢の投資家から押し戻しと認識されなくなります。

なので「ちょうど良い押し戻しの深さ」が次の伸びに重要なのですが、そのちょうど良い押し戻しの深さを測るためにおススメしたいツールが「フィボナッチ」す。

フィボナッチは押し戻しの深さを数値で視覚化してくれる便利なツールで、フィボナッチに表示されている各数値が節目として機能したりします。

特に「黄金比」と言われる「38.2」の数値は大勢の投資家が「押し目戻し目としてちょうど良い深さ」として認識されやすいポイントです。

【フィボナッチの使い方まとめ】FXで使えるフィボナッチ手法と正しい引き方と使い方フィボナッチ数列というものをご存知でしょうか?。 人が「最も美しい」「最も美味しく感じる」「最も整って見える」と感じるものを数値化...

押し目・戻し目でのチャートパターンの形成は強力なエントリーサイン

押し目買い・戻し売りのコツ③は「節目でのチャートパターン形成」です。

レジ・サポ転換が行われた際、その節目となる価格帯で「ダブルトップ」「ヘッドアンドショルダー」「N字パターン」のようなチャートパターンが形成されると、その価格帯を大勢の投資家が「節目として認識した」ということになり、レートは素直に伸びて行きやすくなります。

まとめ

押し目買い・戻し売りを身に付けると、より根元から大きな値幅を獲れるようになるだけでなく、トレンドフォローを行う上で強力なエントリー手法となります。

「押し目・戻し目から次の伸びにつながる根拠」「押し目・戻し目の深さ」「最初の押し目・戻し目を狙う。」

この3点に特に注目して行うようにしてみてください。

【無料メール講座】1週間でトレードが100倍上達する魔法のメゾット

FXトレードに必要な「相場環境の把握の仕方」「効果的なラインの引き方」「ブレイクすることで大きく値が伸びていくポイント」など詳しく解説しています。

登録はコチラ!