初めてのFX

レバレッジ計算とは?ロスカット・証拠金正しい認識でFX資金を最大に活用する考え方

 

レバレッジで資金をFXで最大に活かす!レバレッジの知識と証拠金計算の詳しいやり方

レバレッジとは少額の証拠金を最大に活かす投資法

FXには「レバレッジ」というシステムがあり、少額の資金を担保に預け入れることで、多額の外貨を運用出来ます。

例えば、1ドル100円のときに1万通貨分購入しようとすれば「1万ドル=1ドル100円×10000=100万円」となりますが、FXではまともに100万円も用意する必要はなく、実際は数万円程度の証拠金を預け入れるだけで1万ドル分の取引が出来てしまいます。

「証拠金」とはFXの口座を開設し、その口座に入金したお金のことをと言い、この証拠金に「25倍」というレバレッジ率をかけることで、少額で多額の外貨を運用できるということなんですね。

この「25倍」という数値がレバレッジの正体で、国内業者であればだいたいどこでもレバレッジ率を「25倍」と定めています。

例えば、最初に証拠金として10万円を入金したとしたら、10万×25=250万円で、250万円分までの取引ができます。

こんな感じでレバレッジを効かすことで、少額の資金をFXで最大限に活かすことが出来るんですね。

レバレッジ計算を詳しく解説!自己資金で注文出来る最大値は?

では、自分の手持ちの資金で何万通貨で取引可能か計算してみましょう。

ここが分からないと「そもそも自分の手持ちのお金でどれぐらい取引出来るのか?」全然わかりませんし、リスクにも対応出来ません。

自分の手持ちのお金でどれぐらい取引可能なのかは、下の計算式で表すことが出来ますので、自分の資金と照らし合わせて計算してみてください。


『必要証拠金=現在の為替レート×自分が取引したい通貨数÷25』

ちなみに計算式にある「25」という数字は「国内業者の平均レバレッジ率」で、「レバレッジ率25倍」と言う意味です。

では運用資金を「10万円」と仮定して現在1ドル100円のアメリカドルで売買してみましょう。

ドドーンと10万通貨分取引したい!と思った場合。

現在レート(1ドル100円)×10万通貨÷25=必要証拠金40万円

1ドル100円の場合10万通貨分取引するには、「40万円」の証拠金を担保にしなければいけませんので、手持ちの資金10万円では10万通貨は取引出来ませんね?。

では「5万通貨」ならどうでしょう?

現在レート(1ドル100円)×5万通貨÷25=必要証拠金20万円

う~ん、5万通貨でもまだ10万円では取引出来ませんね?

ではでは「2万通貨」どうでしょう?

現在レート(1ドル100円)×2万通貨÷25=必要証拠金8万円

資本金10万円だと、2万通貨でギリギリ足りましたね。

このことから、1ドル100円のとき、手持ちの資金10万円で取引出来る通貨数は「2万通貨」ということになります。

こんな感じで手持ちの資金と、現在の為替の価格を照らし合わせ自分がどれぐらいの取引数量で勝負出来るのかをチェックしてみてくださいね。

出来るのか?シュミレーションしてみてください。

レバレッジが高いのは怖くて危険?FX初心者に安心してほしい25倍の本当の意味

レバレッジ25倍と言ってしまうと、初心者の方は「25倍?そんなに倍率を上げたら怖くて危険じゃない?」と勘違いされる方もいると思うんですが、レバレッジと言うのは、ギャンブルのような「掛け率」とは意味が違います。

例えば1ドル100円のときに、口座に10万円を入金して1000通貨分取引するとしましょう。

このときレバレッジ25倍にした場合の必要証拠金は「4000円」ですので、口座の余裕資金の状態は下の画像の通りです。

レバレッジ25倍の場合は必要証拠金が4000円程度の口座資金の10分の1未満で、余裕資金も96000円とかなり余裕があります。

では、レバレッジをグーンと下げて5倍にした場合はどうなるのでしょう。

レバレッジ5倍にした場合、預けなきゃいけない必要証拠金の額が5倍の2万円にアップし、余裕資金も8万円と25倍のときと比べて余裕がなくなっていることが分かると思います。

と、言っても、ほとんどのFX会社では最初から購入時のレバレッジは25倍に固定されていますので、何倍とか選ぶ必要はありません。

要は、レバレッジ25倍で買う方が余裕資金をたくさん残せるので逆に危険では無いし、FXでは口座の余裕資金が多いほうが安全で有利ということなんです。

強制ロスカットとは?FX初心者必見!借金にならないための正しいロスカットの仕組み

強制ロスカットとはFXで破産を避ける最後の砦!

ぶっちゃけ言いますと、FXでは元本以上に負けてその上多額の借財を請求されるなんてことは基本ありません。

と、言うのも、実はすべてのFX取引業者では資金が完全に0円になる前に「強制ロスカット」というものを用意しています。

強制ロスカットとは、各FX業者がみなさんがせめて借金を負うことがないように、証拠金の維持率が一定水準以下になると手持ちのポジションを取引会社側で強制的に決済します。

いわば我々の資金が完全に0円にならないための「安全装置」と言えるものです。

ロスカットに失敗すると借金の可能性も・・?

「なーんだ!取引会社で強制的にロスカットしてくれるから借金の心配はないんだ~♪」などと、安心しないでください!。

いくら会社側で強制ロスカットを発動させると言っても、ピッタリ寸分の狂いなくその水準でカット出来るわけじゃありません。

相場の値動きの変化は予測不能なので、急激に動いてしまうことはしばしばあります。

なので、もし価格が急激に動いた場合、取引会社側での強制ロスカットが間に合わず、元手以上の損失を出しちゃう可能性も充分あります。

つまり「借金」です!

元手以上の損を出すことを「アシが出る」と言い、後日取引会社からアシが出た分を請求されます。

ロスカットの仕組み。

ではここで、強制ロスカットのになる仕組みをザックリ説明したいと思います。

例えば1ドル100円のときに、口座に5,000円を入金して1,000ドルを買ったとします。

このときの必要証拠金は「現在レート100円×1000通貨÷25」で4000円です。

そして、全財産5000円のうち、1000ドル分購入するため4000円を必要証拠金として差し出していますので、この時点でのあなたの余裕資金は1000円です。

この時上がると思って買ったドルが予想とは反対に下がるとどうなるでしょうか。

1,000ドルの買いポジションを持っている場合は為替レートが1円/ドル動くと1,000円の値動きがあります。

つまり、1ドル「99円」になれば1,000円の含み損を抱えてしまいます。

と、言うことは、残る余裕資金は1000円なので、単純に考えると、あと1000円分の損にしか耐えられません。

つまり、この場合だと100円ー1円=99円で、余裕資金は0円となり、強制的に売られてしまいます。

これ以上の損が出るとFX会社から顧客に「お金が足りないので入金してください」と言われてしまい、「追証(おいしょう)」と言って、追加証拠金の入金を迫られてしまいます。

証拠金維持率計算で安心トレード!退場しないための失敗しないロスカット回避のやり方

証拠金維持率を計算して強制ロスカットを回避しよう!

具体的には、強制ロスカットは「証拠金維持率」が一定のラインを下回ったとき、行われます。

証拠金維持率とは、必要証拠金に対して占める余裕資金の割合のことです。

つまり、余裕資金が0円になる前に、証拠金維持率が一定のラインを下回ることになるので、そうなる前に手持ちのポジションは強制的に決済されるということですね。

証拠金維持率が一定の水準まで下がると、FX取引会社では事前に下の画像のような「ロスカット・アラート」というメールを顧客に送信してきます。

※画像はGMOクリック証券デモ口座のロスカット・アラートです。

強制ロスカット直前に最後通告として必ずアラートメールは送られてくるのですが、自分の資産を守るという意味で、「証拠金維持率」を計算して、自分の資金がどれぐらい耐えられるのかを前もって調べておけるようにしましょう。

例えば、証拠金3万円を入れて、1ドル=120円の時に1000ドル(1000通貨)の買いポジションをレバレッジ25倍で持ったとします。

この時、証拠金維持率は、

有効証拠金25200円(口座の資金3万円ー必要証拠金4800円)÷必要証拠金4800円(120×1000通貨÷レバレッジ25倍)×100%=525%

です。

その後、相場が急降下して、1ドル93円75銭になったとします。

すると、26円25銭下落なので含み損は26250円になり、この時、証拠金維持率は、

有効証拠金3750円(口座の資金3万円ー含み損26250円)÷必要証拠金3750円(93,75円×1000通貨÷25)×100%=100%

となります。

この後、1銭でも価格が下がれば、証拠金維持率は100%を割ってしまい、取引会社からロスカット・アラートメールが送信され、そして、大体どこの業者でも「50%」を下回ったところで強制ロスカットを発動させます。

中には100%未満で強制ロスカットを発動させる業者もありますので、もし、証拠金維持率が100%に迫ってきたら潔く失敗を認めて、損切り決済するようにしましょう。

失敗しないための安心ロスカット回避方法。

ではロスカットにならないように安心して取引するにはどうしたら良いでしょうか?。

答えは簡単!十分な余裕資金を口座に入れておけばいいんです!

いくらFXが数千円で出来ると言っても、購入可能なギリギリの額しか入金していないと、予想と反対方向に急に動いたとき即刻ロスカットになってしまいます。

なので、FX取引を開始するときは、充分に余裕のある資金を入金して始めてほしいのです。

例えば1ドル100円の時に口座に10万円入金して1,000通貨買ったとします。

必要証拠金4000円の余裕資金が96000円ですので、この場合だと米ドル円のレートが1ドル100円から、1ドル4円にならないとロスカットになりません。

 

ロスカットまでの値幅が96円もあるので、とんでもなく余裕がありますね。

ちなみに、ドル円の戦後最安値が「75円」なので、1ドル4円なんて言ったらアメリカ経済が崩壊しない限り考えられませんよね。

予想が外れたと思ったら即撤退!これが基本!。

どんなに細かく分析しても、どうしても予想を外してしまうこともあるのがFXです。

でもでも、予想を外すことそのものが最悪なのではありません。

神様でない限り100%当てることは出来ません、外れるときはどんな人でも外します。

しかし、それ自体は問題ではないんです。

FXにおけるやってはいけない最悪なことは「予想を外したまま、何時間も何日も何週間も長期間放置しておくことです!」

なので、いくら余裕資金に余裕があると言っても外れたまま長時間放置しておくのではなく、予想を外したと思った場合は直ちに手持ちのポイントを決済して「ロスカット」しちゃいましょう!

先ほどからお伝えしているように、ちょっと予想外の方向に進んだからと言ってFXはすぐに破産するものではありません。

しかし、その「ちょっと」も長ーい時間放置しておくことでどんどんどんどん損失が広がっていきます。

始めは数百円程度の損失が何日も放っておくことで「数万円の損失」になってることもあるので、自分のシナリオ通りの動きじゃないと思ったら、「即撤退」して次のチャンスを待ちましょう!

まとめ

FXは取引数量を増やせば増やした分、短期間での利益も大きくなりますが、同時に同じだけ損失も膨らみます。

確かにFX取引会社では「強制ロスカット」という安全策を立てていますが、そもそもその水準まで来ていること自体失敗の証拠だし、そこから価格が盛り返すなどという奇跡を期待しようとなどと考えず、素直に失敗を認めて即撤退を決断しましょう。

どうしてもいきなり大きな金額を投入するのが怖い初めのうちは1万通貨からではなく、「1000通貨」から取引を始めてみるのもアリです。

どちらを選択するにせよ、手持ちの資金と相談し、レバレッジ率、証拠金維持率を計算して、間違っても「アシ」を出すようなトレードにならないよう、しっかり自分の資産を守りましょう。

超ド素人から極めるFX無料メール講座

FXの仕組み・口座開設のやり方・チャート分析のやり方など、これからFXを始めたい方向けの無料メール講座です。

登録はコチラ