初めてのFX

会社勤めはもう無理!合わない・向いていない会社に勤めないで生きていく新しい生き方

目次

会社勤めはしたくない?向いていない合わない仕事で無理しないためのメンタルのお話

会社勤めに向いていない6つのタイプ

現在会社勤めされている方で、こんな悩みを抱えている方はいませんか?。

・職場でいつも怒られる、怒られるけどそれに耐える。

・なかなか仕事が覚えられない。

・土日になるのが唯一の楽しみ。

・日曜日の夕方になると死にたくなるぐらい憂鬱になる。

・会社の前もしくは会社のある地区に足を踏み入れると胃がキリキリする、とにかく家に引き返したくて仕方なくなる。

・常に仕事を休む理由を考えてしまう。

ボクもこの6つの項目すべてに当てはまります。

これを読んでいるみなさんも、思い当たる節はありませんか?。

もし、ボクと同じく6つの項目全てに当てはまると言う場合は「会社勤めという働き方に向いていない人」なのかもしれません。

向いていない仕事を一生やり続けるのは辛いだけではなく、せっかくの人生の貴重な時間を無駄に浪費することになってしまいます。

会社勤めが苦手なのに会社勤めで人生が上手く行くわけがない!

今この記事を読んでいる方で、「どうすれば会社勤めが苦手じゃなくなるんだろう・・・?」と、悩んでいませんか?。

「会社勤めが苦手じゃなくなるように克服しよう」と考える気持ちはわかりますが、ここはひとつ、一度「苦手を克服する」という考えを手放して、別ルートでのやり方を考えてみませんか?。

「会社勤めが苦手」だとしたら、「会社勤めを苦手じゃなくする」んじゃなくて、「会社勤めをしなくても、普通に生きていける方法」を探していけばいいんです。

苦手なことをお仕事にして上手く行くケースってほとんどありません。

なので、会社勤めが苦手なのに、会社勤めで人生が上手く行くかはちょっと考えにくいところです。

出来ないことは出来ないまま、どうすれば目的を達成出来るのか?と考え抜いてみれば、ひょっとしたら、ちょっと視点をずらすだけで、大きなヒントに巡り会えるかもしれません。

会社勤めが辛いのはメンタルが弱いのではなくて「会社勤めに向いていないだけ」

ボクが会社勤めがどうしても長続きしたなくて悩んでいたとき、周囲から言われた言葉が「メンタルが弱い」でした。

「あなたはメンタルが弱いから、ちょっと辛いことがあると辞めたがるんだ。」

と散々言われ、ボクもその言葉が気に掛かり、

「自分のメンタルが弱いから業務に耐えられないのかな?。」

「もしかするとボクは自律神経失調症なのかもしれない・・・。」

と会社勤めが長続きしない自分を「メンタルが弱い甘えた自分」として責めてきました。

会社勤めが辛くて長続きせず悩んでいる方も、こんなこと言われた経験はありませんでしたか?。

そしてそれを言われるたびに、逃げられなくなって、八方塞がりになって、身体も心も壊した経験はありませんでしたか?。

それは、みなさんのメンタルが決して弱いのではなく「会社という『環境』に合ってないだけ」です。

「合っていないから辞める」「自分の力ではどうにもならないから逃げる」これはメンタル云々の前に、生き物として当然の行動です。

メンタルとは「やりたいことをやり通す力!」

そもそも「メンタルの強い・弱い」とはなんなんでしょう?。

中には「とにかく辛い思いをさせればメンタルが強くなる」とやみくもに辛い思いをさせようとする人もいます。

そして、とうに限界を迎えようとしている人間を、その言葉で捕まえては逃げられないようにしてしまい、気が付いたときは手遅れになるケースもあります。

そう考えると、日本人はどこか「メンタル」という言葉をはき違えてるような気がしますし、そもそもメンタルを鍛える唯一の方法が「苦痛」と言うのも疑問があります。

「やりたくないし、嫌いだけど強要されたから仕方なくやってること」を辞めることはメンタルとは関係ありません。

嫌いな上に、やりたくないということは、「そもそも、それをやりこなす力が無い」ということなので、それを辞めるのは至極当然のことです。

人は嫌いでやりたくないことで力を発揮することは出来ませんが、「やりたいこと」「好きなこと」になると、信じがたい力を発揮しますし、それをやりこなす力があるからこそ「やってみたい!」「これが好き!」という感情になって現れるわけです。

そして、メンタルの強い・弱いとはそんな「やりたいことをやり通す力」なんです。

自分が志したもの、自分の責任で始めたことを、どんなことがあっても最後までやり通す力こそが「メンタル」なわけで、最初からやりこなす力がないのを無理に頑張って苦痛に耐えることではありません。

なので、「会社勤めが長続きしない=メンタルの弱い甘えん坊」ということではないんです。

会社勤めだけが生き方じゃない!どんなことをしてでも生きていける現代社会

「会社勤め」という生き方は、例えて言うなら、「大皿に盛られたビュッフェ料理の1つ」だと想像してみてください。

ビュッフェと言うのは、何種類もの料理の中から、自分の好きな料理を好きなだけ皿に持って美味しく頂く形式です。

何種類も料理があるわけですから、その中から何も自分の大嫌いな料理を選んで食べる人なんていませんよね?。

だとしたら、会社勤めが苦手なのに、会社勤めに固執するということは、「たくさんの種類がある料理の中から『わざわざ大嫌いなピーマン』をチョイスして食べている」ようなものです。

そんなのスゴクもったいないですよね?。

今の時代は「情報化社会」であり、ビュッフェ料理のようにたくさんの種類の情報が揃っている時代です。

そんなたくさんの情報に満ち溢れている現代社会にも関わらず、結局大昔の常識と変わらない「会社勤めという生き方しか選べない」では、そんな情報化社会になんの意味もないと思いませんか?。

現代は出そろった情報の中から、自分の欲しい情報だけをピックアップし、自分の生きたいように生きれる時代なんです。

会社勤めだけが仕事じゃない!無理に働いてもいいことはない「働く」本当の意味

会社で働く目的はそもそも何だったのか?

そもそもみなさんが会社勤めをする理由は何だったのでしょう?。

「社会的地位」「将来の安定」様々あったかと思いますが、本当はその先に真の「目的」があったんじゃないですか?。

その先にある真の目的とは「自分が幸せに生きること」です。

お仕事をする真の目的とは「幸せに生きるため」です。

幸せに生きるためには「やっていて幸せを感じられること」をやらないと、幸せにはなれません。

これを読んでいるみなさんは会社でのお仕事に幸せを感じていますか?。

そうじゃないと思われているのであれば、本来の「目的」を一度見直してみるのもいいかもしれません。

みなさんの行動は、他でも代用できる「数ある手段のうちの1つ」なのかもしれませんから。

お仕事とは「人生の大半を費やす行為」

お仕事とは「人生の大半の時間を費やす行為」です。

人生の大半の時間をお仕事という行為に費やすのに、その大半の時間を「辛く苦しいこと」に費やしてしまっては、人生そのものが「辛く苦しいもの」になってしまいます。

そもそもお仕事とは苦しむためにするものではありません、自分が幸せに生きるためにすることです。

だとしたら、自分が苦手とすることや場所で働くことに我慢ばかりする必要はありません。

生きる手段にわざわざ「自分の苦手なこと」を選択することはないでしょう、どうせ生きるなら「自分の気持ち」を優先させて生きていってもいいんです!。

会社で働くことはあくまで「1つの手段」

会社で働くことは、あくまで生きていくための「手段」の1つに過ぎません。

「手段の1つ」に過ぎないのですから、わざわざ1つの手段に固執する必要はないのです。

苦手だったら、「手段を変えて見ればいいんです。」

先述したように、今の時代は「何でもそろっている時代」です。

情報・ライフスタイル全て自分好みに合わせて生きることが出来てしまいます。

なので、自分が望む生き方をするためには、どんな情報が必要か?をピックアップして、組み立てていきましょう。

会社勤めが向いてなくても大丈夫!苦手なことはやらないストレスなく楽しく生きる方法

会社勤めが苦手なら「辞めちゃってもいい!」

「なぜ人はわざわざ苦手なことをお仕事にしちゃうんだろう?」と、ボクは常々不思議に思います。

得意じゃないし、そもそもやりたくない、そんなものをお仕事にすることでなぜ上手くいくと考えられるのでしょう?。

ただ、勘違いしてほしくないのは「会社勤めという働き方が悪い」と言いたいわけではありません。

ボクがが言いたいのは

「なぜ苦手なことを職業にしようとするのか?」「なぜ得意を伸ばそうとせず、苦手の克服だけに力を注いでしまうか?」

ということなんです。

ボクを含めた、成功できない失敗する人の特徴として「得意なことを無視して苦手の克服で貴重な時間を浪費しようとしてしまう」パターンが多いからです。

人生の時間は限られてるのに、これはスゴクもったいないことだと思いませんか?

これは絶対に幸せになれないし、こんなの一生続けて良いものなわけがありません、そこにハマってる人がいたら今すぐ辞めることをおススメします。

苦手ならやめるべきです、自分も含め、誰一人として幸せになる人はいません。

なので、これを読んでいるみなさんが、もし会社勤めに苦痛を感じているとしたら、「その仕事はみなさんを幸せにする仕事ではない」ということなので、辞めちゃっても構わないわけです。

「得意なこと」をお仕事にするからお金が入る!

みなさんは、自分自身に一番お金を稼がせてくれるものは何だと思いますか?。

それは「みなさん1人1人が持つ『得意なこと』なこと」です。

得意で才能があるからこそ「やってみたい!」と言う気持ちになって現れるわけで、才能があり「やってみたい!」という気持ちがあるからこそ、お仕事というものは成功していくのです。

人は基本、才能のないものには興味も関心も示しません。

そんなお仕事を無理して続けても、成功する可能性なんて皆無に近いと思いませんか?。

なので、成功していきたいと思ったら「自分の得意なこと」に先に目を向けるべきなんです。

何度も言いますが、みなさんに一番お金を稼がせるのは「みなさんの得意そのもの」なのですから。

会社勤めをしないで生きてる人は「特別な人」ではない!

「会社勤めをしないで生きていけてる人」と聞くと、「特殊な才能のある人」「普通の人では持てないコネクションがある人」と一握りの「特別な人」と思われますが、実はそうではありません。

会社勤めをしなくても生きていけてる人というのは「自分の得意なことをお仕事にした人」です。

先ほどの項目でも述べたように、自分自身に一番お金を稼がせてくれるのは「自分の得意」です。

決して特別な才能に恵まれた人ではありません。

そして、成功した人というのは「自分の得意をどうやってお仕事に繋げるか?」を徹底的に考え抜いた人達です。

会社勤めをしない生き方を「特別な才能」にして思考停止させてしまうと、そこから先にある自分の未来が見えてこなくなります。

大儲けしようとしなくても、ストレスなく食べていけるだけで人生は180℃違う

ただ、勘違いしないでほしいのは、会社勤めをしないからと言って、べつに大金持ちになろうとしなくていいのです。

大きくもうからなくても、ストレスなく食っていけるだけで人生って大きく違ってくるんです。

大金持ちにならなくても「ストレスなく食べていく」だけなら特別な才能は必要ありません。

「得意なことをお仕事にするにはどうすればいいのか・・・??」だけに集中してください。

これだけ情報が出揃っている世の中です。何も見つからないなんてことはありません。

諦めずに探しているうちに「そんなことでも食っていけるのか!」っていう、思わぬ気づきが必ず見つかります!。

「会社に勤めなきゃ生きていけない」という常識を捨ててみよう!

「なんで働きたい時間を自分で決められないの?」

「なんで有給を好きな日に取れないの?」

「なんで行きたくない飲み会に参加しないといけないの?」

「なんで勝手に給料を決められるの?」

「なんで死ぬほど嫌いなあの人に頭を下げてまで働かなきゃいけないの?」

よくよく考えたら会社の常識っておかしいことばかりだと思いませんか?。

だったら「おかしいことを我慢する」のではなく、「おかしいことをしないで済む方法はないか?」を、いっそのこと徹底的に考えてみたらいいんじゃないでしょうか?

今の時代は、会社に行かなくてもお仕事は出来ます!。

昔は会社に行かないで稼ぐとなると、自分で店舗を持つか、資格を取って独立するかぐらいしかありませんでした。

しかし、今はネットを使えば個人で活躍できる場がたくさんあります。

特にFXなんて、学歴も資格も性別も関係ないですし、腕を磨こうと思ったらタダでいくらでも磨けますしね。

なので、会社にこだわってお仕事を選ぶメリットは、もはやあまりないんです。

会社勤めが苦手なのに、「どうして仕事が上手くいかないんだろう・・・?」と悩んでいたとしたら、いっそのこと「会社に行く」という常識を捨ててみませんか?

発想を転換するには、自分の欲望に素直になることです。

満員電車に乗りたくないなら、部屋から出ないでお仕事するには、どうすればいいかを徹底的に考える。

欲望に素直になった先に未来はあるんです。

会社勤めしないで稼ぐ方法を見つける!おススメしたいFXトレーダーという生き方!

会社勤めに向かない人だからこそおススメしたい「FXトレーダー」という生き方

会社勤めに悩む方が、一番知りたいことが、「会社勤めしないで生計を立てて行く方法を知りたい!」ではないでしょうか?。

そこでボクが提案したいのが「FXトレーダー」という生き方です。

ただ勘違いしないでほしいのは「会社勤めしないで生計を立てるにはFXが一番!」と言いたいわけではなく、あくまで「FXというやり方もありますよ?」と提案したいだけです。

どうしてボクが会社勤めしないで生計を立てていく方法として「FX」をおススメする理由には4つあります。

・FXとは「自分の腕一本で稼ぐ稼業」であり、頑張れば頑張った分、結果がダイレクトに返ってくるから。

・誰にも気遣いすることなく、自分のペースでお仕事することが出来るから。

・高度な経済・金融の知識や計算能力がなくても、結果を出すことが出来るから。

・「タダ」で腕を磨くことが出来るから。

FXとは「100%自分のためだけにやること」なので、会社勤めでお悩みのマイペース屋さんには向きな職業なんじゃないかな?と思っています。

「『会社勤めしたくないから』『会社という業態が苦手だから』という理由でFXを始めたら、本業のプロの方に失礼なんじゃないかな?」、と思うかもしれませんが、始めるキッカケはなんでもいいんです、

始めは「会社勤めしたくないから」の理由でFXをスタートしたとしても、自分の望む未来を実現させたいから人は頑張ることが出来ますし、それを続けていくうちに、自然とプロ意識が芽生えるようになっていきます。

会社勤めにない「自分の腕一本で稼ぐ」という感覚

極端な話、会社勤めでは、みなさんがどれだけ莫大な利益を会社にもたらしても、定められた給料の分しかお金をもらえませんよね?。

「頑張って働いた自分も、何もしないで遊んでいるあの人も、もらえるお金は同じ。」

こんな感じだったので、ボクは会社の業績にも、仕事の内容にも全然興味が沸かず、会社の中で唯一関心があることは「終業時刻になること」だけだったので、会社勤めをしていた頃は、ひたすら時計とにらめっこしていました。

でもFXと出会い、数字が自分に跳ね返ってくるようになると、数字が上がる喜びを自分のものとして感じることができるようになりました。

「収益が増えると嬉しい」「自分のトレード予想が的中するのするのが嬉しい」だから、もっと頑張ろうという気持ちも沸いてくる。

もちろんこれは利益が発生するから嬉しいことなんですが、FXは自分の努力がストレートにお金に表れるので、とても分かりやすいんです。

会社勤めと違って誰にも気遣いする必要がない

会社という業態が「みんなと一緒に働くこと」である以上、やっぱり人間関係が大きくものを言います。

ボクが会社勤めで一番頭を悩ませたのが「人間関係」で、特定の人物への過剰な気遣い、業務に明らかに関係しない残業や飲み会参加の強要、ヒドイ職場では「トイレに行った回数」まで指摘されたりしていました。

「トイレに行く回数の多い少ない」が業績と何の関係があるのか未だに意味不明ですが、用を足すのにも気を遣わなくてはいけない仕事なんて、とてもじゃないけど長くなんて続けられる気がしません。

なので、どんな仕事でも良いから、とにかく人間関係に悩まないお仕事がしたくて仕方ありませんでした。

そこで、出会ったのがFXだったというわけです。

FXは個人事業と同じなので、「100%1人で考え、自分1人の裁量で全てをこなす仕事」です。

誰にお伺いを立てる必要もないし、誰に責任を問われたりするわけでもない、「自分のペースでやりたいようにやれるのです。」

「1人でコツコツやれるお仕事」の代表のようなお仕事なので、誰にも気づかいすることなく、1人でコツコツやりたい人にはおススメです。

FXは高度な計算能力や経済に精通していなくても結果を出せる!

初めての方が「FX」と聞くと、ついつい高度な計算能力や、金融・経済の知識に明るくないと勤まらないと考えてしまいがちです。

しかし、FXを始めるのに、金融・経済の専門家になる必要はないのです。

確かに常勝トレーダーの中には、ものすごく経済に精通している方もいるのですが、実際多くの勝ち組トレーダーの多くは自分のトレードに必要最低限な知識しか持ち合わせていません。

実際ボクも経済や金融について深いことをツッコまれても正直チンプンカンプンな部分があります。

”それでもFXは勝てるのです”

なので、「特別な知識がないと出来ない」という発想を一度捨ててみて、「試しに」でもいいので、挑戦してみましょう!。

FXは「タダ」で腕を磨くことが出来る!

「試しに」とは言っても、試してみた結果、「大損してしまったらどうしよう・・?」と思いますよね?。

けど安心してください。

FXは「タダで練習することが出来るのです!。」

モチロンこのサイトでも、全くFXを知らない方がFXに気軽に挑戦出来るように、「タダで練習出来る方法」をお伝えしています。

なので、自分の納得いくまで徹底的に腕を磨いて、自信が付いたら、実際のお金を投じて本格的にFXに挑戦するという段階を踏んでみてもいいと思います。

※FXをタダで練習・体験してみたい方はコチラ!→「FX初心者やさしい基礎知識!少額取引・エントリー手順・おススメ通貨ペアを詳しく解説」

大事なのは「やるだけやってみる!」と言う気持ち!

会社勤めしたくないと思ってはいても、なかなか踏ん切りが付かない場合もあることでしょう。

そういう場合は、いきなり大きな決断を下すのではなく、「とりあえずお試しで」始めて見ればいいんです。

FXなんてタダで試すことが出来ますし、仕事を終えて帰宅したとき、数分の短い時間でもやるだけやってみて、FXに触れてみてください。

そして、試すだけ試してみて「FXに挑戦してみたけど、自分には合わないな」と思ったら辞めて、別なことを始めてもいいんです。

FXをやらなければ会社勤めしない生活が手に入らないわけではありません、会社勤めしない生活を手にする方法はいくらでもあります。

大事なことは「FXをやることそのもの」ではなく、自分が望む生活を手にするためにわずかでも行動を起こしてみることです!。

思うだけで、何も行動しなかったら何も始まりません「気になったのなら、やるだけやってみればいいのです。」

まとめ

昔は「仕事する=どこかにお勤めする」という宮仕えが一般的な考えでした。

しかし、生活のありとあらゆる場面にネットが張り巡らされた現代、その常識は覆りつつあります。

つまり、「自分の望むライフスタイルを自分で作り上げていくことが可能になった」のです。

なので、「会社に勤めたくない」「自由な暮らしをしたい」と思ったのであれば、「どうすればそれが可能になるのか?」を徹底的に考え抜き、

そこへ「自分の得意なこと」をどう絡めて行けばよいかを考えてみましょう。

「会社に勤めはしたくないし、自由は欲しいけど、結局なにもやらなかった」では何も変わりません。

やれるか・やれないかは別にして、気になったものがあったらドンドン挑戦してみてください。

それで合わなかったら辞めればいいし、自分に合うと思ったら、徹底的に伸ばしていきましょう!。

それがきっとみなさんに豊かさを与えるツールになっていきますからね!。

超ド素人から極めるFX無料メール講座

FXの仕組み・口座開設のやり方・チャート分析のやり方など、これからFXを始めたい方向けの無料メール講座です。

登録はコチラ