FXの基礎

【勝てるFX手法の使い方まとめ】FX初心者のための手法の正しい使い方と検証方法

どの手法を使ってもFXで勝てないのはなぜ?聖杯探しに振り回されない手法の基本

勝てるFX手法に対する期待の大きな勘違い

初めのうちはそれなりに勝てたのに、トレードを繰り返すうちドンドン負けが多くなり「勝てる!」と思った手法が全然通用しなくなる。

そんな経験ありませんか?。

ボクも「勝率90%以上○○トレード手法!」と銘打った手法を何度も試してきて、初めのうちはそこそこ勝てたりしていたのですが、不思議なことに何度も繰り返してるうちに「全く勝てない期間」にブチ当たって結局±0。

その度に「なんだこの手法全然使えないじゃん!次次。」

と、手法をとっかえひっかえしてるうちに、相場で負ける資金よりも、新しい手法を学ぶためのセミナー代や書籍代が大きくかさんでいました。

そもそも「勝率90%以上」を売りにしていた手法のハズなのに、なぜトレードを繰り返すうち勝てなくなってしまうのでしょうか?。

実はどの手法にも当てはまることであり、ついつい勘違いしてしまいがちですが、これは「いつどのような局面でトレードしても勝率90%」という意味ではありません。

「その手法が通用する局面で使えば勝率90%」という意味で、当然ながら通用しない局面で使用しても、勝率は皆無に近いのです。

これは手法を手法として正しく使うために「エントリーポイントやタイミング」よりももっと知らなければならない大事なことです。

FXの手法そのものは「なんでもいい」聖杯探しを辞めてみる

おそらくこの記事を読んでる方の多くは、FXには「聖杯」があって、勝てないのは自分がその聖杯に巡り会えていないだけと考えているのではないでしょうか?。

実はFXの手法自体は何を使っても大して変わりありません。

もっと言うと、手法自体は何でも良いのです。

FXで安定した成績を収めるには「どの手法を用いているか?」ではなく、今使っている手法の「通用する場面」「通用しない場面」をキチンと把握してトレードしているかどうかなのです

FXの手法そのものは、トレーダーの数だけあり、ほぼ無限にあると言ってよいでしょう。

なので、FXに勝つための方法を「手法探し」に費やしてしまうことは、針の山から1本の針を探し出す行為に等しいのです。

手法をアレコレ変えても良い手法に巡り会わなかったり、なかなか成果が見えないという場合は一度FXで勝つ方法を「手法探し」に頼るのを辞めてみましょう。

なぜFXは勝てない?初心者が手法を知ってもFXで勝てない仕組みと理由を検証する FXはなぜ勝てない?ほとんどの人が負けてしまうFX初心者が陥りやすい罠とは? これだけ勝てる情報があふれているのになぜ勝てない...

FX初心者に知ってほしい手法の基本の考え方

習った手法を試してみて「あれ?このタイミングでエントリーすれば勝てるハズなのになぁ?」って思ったことありませんか?。

教わった通りのエントリーポイントとタイミングで勝負してるのに全然勝てない。

これは「その手法が通用しない時期にトレードしてるから」なんです。

いつでもどこでも使える万能な手法はありません、必ず「使える時期・使えない時期」を交互に繰り返しています。

どの手法を使っても、上の画像のように0ラインを挟んで、手法が通用して勝てる時期と、手法が通用せず勝てない時期を交互に繰り返しています。

そして、手法が通用しない時期に通用していた時期と同じようなやり方でトレードしてしまうと、当然ながら連戦連敗という憂き目にあってしまいます。

なので、今使っている手法で勝てていないという場合は「手法そのものが使えない」と考えるより「今その手法が通用しない時期にある」と考えた方が良いでしょう。

手法が使えないんじゃなく「使えない時期」に使うからFXは勝てない

大事なのは手法が「使える時期」と「使えない時期」を見極めること

手法を教わるとき「エントリーポイント」や「エントリータイミング」ばかりに目が行きがちだと思います。

ですが、FXで安定した成績を残すために、エントリーポイントやタイミングを知るよりもっと大事なポイントは2つあります。

1・「手法が通用する時期」と「しない時期」の見極め。

2・「オフェンス(攻撃」と「ディフェンス(防御)」を使い分け。

手法通りのエントリーポイントやタイミングでトレードすることを「オフェンス(攻撃)。」

手法が通用しない時期にはトレードそのものを控えることが「ディフェンス」です。

FXで資金を残すために大事なことは「どんな手法を使ってるか?」よりも、その手法の通用する場面・しない場面を見極めたうえでの「攻撃」と「防御」の使い分けです。

これが出来るトレーダーはまず負けません。

勝てなくても負けないのです。

つまり、勝ててるトレーダーは「聖杯を持っている」のではなく、自分の使っている手法の利点・欠点を抑えたうえで、攻撃と防御の使い分けが上手に出来ているので、勝てるときはしっかり勝ち抜き、勝てそうもない場面ではしっかり休んで、無駄に資金を減らすことを防いでいます。

エントリーポイントやタイミングを知ることはあくまで「攻撃の仕方」だけの知識です。

しかし攻撃一辺倒になってしまうと、いざ攻められたとき防御が出来ず一方的にやられてしまいますよね?。

ですのでFXの場合は、今使っている手法が通用しなそうな局面と判断した場合はトレードすることを辞め、資金を無駄に減らすことを避けることが防御になるのです。

手法が通用する相場・しない相場はどんな状態?

そもそも、今現在使っている手法が上手く機能するときの相場はどんな状態だったでしょうか?。

「値動きが荒い時期だったか?ゆるい時期だったか?。」「午前中のトレードだったか?午後のトレードだったか?」「レンジ相場だったのか?トレンド相場だったのか?。」「他の時間足での状態はどうだったのか?。」

最低限これぐらいの分析は行っておくべきです。

ここをおさえておかないと、初めのうちは調子よく勝てても、そのうち勝てない相場に当たって、資金をズルズル減らしていくことになってしまいます。

自分の使う手法の「利点・欠点」を把握し「使える場面」「使えない場面」を押さえておくからこそ、勝負するときは自信を持ってレートを上げてトレードすることが出来ますし、そうでない場面ではトレードしないという判断も下せるようになります。

このように「攻撃」と「防御」を上手く使い分けることで、資金は徐々に増えていくわけですね。

勝てる手法を作るための検証方法!再現性の高い手法を構築するためのヒントとは?

勝てる手法を作るための3原則と検証方法

勝てる手法作りの3原則は「手法のシンプルさ」「再現性の高さ」「勝率」の3つです。

この3つを押さえておけば、誰でも勝てる手法を作ることが出来ます。

やり方を見つけたら、その検証方法として「いろんな時間帯と値動きの状態で試してみること」です。

「東京市場が開く9時~10時前後」「レートがほとんど動かない11時~14時」「アジア市場が閉まる時間とヨーロッパ市場が開く時間が重なる15時~18時」「世界最大の市場ニューヨーク市場がオープンする21時。」

時間 市場 値動き
9時~10時 東京市場 荒い
11時~14時前後 東京市場 緩やか
15時~16時 東京・ヨーロッパ市場 荒い
19時~20時 ヨーロッパ市場 緩やか
21時 ヨーロッパ・ニューヨーク 荒い

などなど、激しく値動きする時間とほとんど値動きしない時間で試してみて、その手法はどういう状態なら機能しやすいのかを試してみましょう。

再現性の高さと勝率が手法の命!

手法を作る上で「勝率」「再現性の高さ」は命と言っても過言ではありません。

再現性の高さとは「前回と同じパターンが発生したとき、前回と同じやり方で行った場合、高い確率で同じ成果を得られるかどうか」です。

FX手法は再現性の高さが何より重要です。

「同じパターンの発生後同じやり方で同じ成果を得られる」という再現が出来て初めて手法は確立されるのです。

そして再現率、つまり「勝率の高さ」は最低でも80%以上ほしいところです。

勝率がフィフティフィフティではFXの場合、資金は減る一方ですし、良くてプラマイゼロ。

ですので、同じパターンが発生したとき、80%の確率で同じ成果を再現できれば、手法としては信頼性の高いものと考えられます。

手法を1つ見つけたら浮気せずに「やり方を固定すること」

手法を1つ見つけたら、他の手法に浮気せず徹底してその手法を貫くことが大事です。

例えば、トレンドフォローでトレードしてたのに、急に数Pipsをチマチマ狙うスキャルピングにしてみたり、スキャルピング1本でやってきたのに、急に数十Pipsを一気に狙うスイングトレードのような全く別のやり方にコロコロやり方を変えてしまうので、成績が安定しないことが考えられます。

またインジケーターも1つに絞って使い続けることが大事です。

移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表などなど、コロコロ変えるのではなく「コレ」と感じたものが見つかったら、徹底的に使い倒して極めていきましょう。

手法の勝率を上げるFX初心者にためのテクニカル分析のやり方

FXの勝率を上げるためのテクニカル分析の基本

おそらくどの手法にも共通して言える検証方法なのですが、手法の勝率を上げるための基本として「普段トレードする時間足の1つ2つ上の時間足の状態を確かめること」です。

例えば1分足でトレードを行う場合は「5分足・15分足」の流れの状態を、そして5分足でトレードを行う場合は1時間足や4時間足のような上位足の状態を確かめることが大事です。

「連戦連勝出来たときの相場環境はどうなっていたか?」「負けが多いとき相場環境はどうなっていたか?」を見つけるヒントは、エントリーを判断するチャートよりも1つ2つ上の時間足に隠されています。

時間足とは?FX初心者おススメの勝てる時間足の見方と組み合わせで値動きを読み解く 時間足の見方とは?FX初心者に知ってほしいおススメの時間足の特徴と正しい使い方 なぜ、FXには複数の時間足があるのか? FXには...

チャートパターンを手法に用いる例

例えばFXで最も有名なチャートパターン「ダブルトップ・ボトム」「ヘッドアンドショルダー」が出来たらエントリーしていくというルールでトレードしたとしましょう。

ここで肝心なのは「チャートパターンが出来たら無条件でエントリーする」のではなく「上位足の状態からその手法が通用しそうかどうかを確かめること」です。

下の画像では5分足でダブルボトムが出来ており、5分足チャートだけ見る分にはエントリーの条件を満たしています。

では、上位足に当たる1時間足を見てみましょう。

チャートを見ると、ダブルボトムが出来た価格帯で以前にも大きな反転が起きており、信頼性に足るパターンだと思います。

このように「ダブルボトム・ヘッドアンドショルダーが出来たからとにかくエントリーする」のではなく「上位足チャートの同じ価格帯で支えられたポイントでチャートパターンが出来たらからエントリーする」という根拠があったほうが、同じエントリーポイントで勝負したとしても、成功する可能性が高くなるのです。

おススメのFXチャート攻略法!見方・形・パターンで負けない正しいやり方と使い方 FXはチャート分析が出来れば勝てる!過去データが伝える大衆心理パターンの見方 チャート分析こそがFXで勝つコツ! これからみなさ...

移動平均線でシンプルにトレードする場合の手法

移動平均線を使って「平均線を上抜け(下抜け)・反転したらエントリーする」というシンプルにトレードする場合も上位足の状態を確認することが大事です。

下のチャートをご覧ください。

こちらは5分足チャートの平均線の状態ですが、ローソク足が上向きの平均線の上で反転上昇しており「グランビルの法則」で考えれば文句なしの買いエントリーの局面です。

では、この局面でこの手法は通用しそうでしょうか?。

答えは「NO」です。

確かに5分足チャートでは買いエントリーの条件を満たしていますが、上位足である1時間足の平均線が下向きで、5分足平均線の上から被さっています。

その後ローソク足は1時間足の平均線で反転して大きく下落していますよね?。

つまりこの局面では「上向きの平均線でローソク足が反転したら買いエントリー」という手法は通用しないことになります。

平均線をブレイク・反転でエントリーするという手法を使う場合は「上位足と下位足の平均線の向きが一致して初めて機能する」ということになります。

定めたルール通りならこのまま買いエントリーと行きたいところですが、その前に上位足に当る「1時間足・4時間足の平均線の状態も確認するようにしましょう。」

「グランビルの法則」とは?移動平均線でエントリータイミングを見つけるおススメ手法 移動平均線の勝てるエントリーポイントを見極めるFX手法「グランビルの法則」とは? 移動平均線でのエントリーポイント明確にした「グラ...

ボリンジャーバンドを手法に使う場合のトレード例

ボリンジャーバンドの基本的な手法で有名なのが、ボリンジャーバンドの+2σや-2σを価格が超えると、買われ過ぎ、売られ過ぎとして判断する方法です。

•「買われ過ぎた時には売りのエントリー。」

•「売られ過ぎた時には買いのエントリー。」

という考えが多く見られますが、単純にこれだけで判断してしまうと、レートがバンドを超えたところで「バンドウォーク」が発生して負けてしまうことも多くあります。

では、これらの手法が高確率で機能するのはどんな状態の時でしょう?。

下の画像は5分足のチャートで、+2σを超えたところで売り・-2σを超えたところで買い、そして平均線までレートが達したところで利益確定という手法でトレードした画像です。

画像を見ると、3回-2σを超えたところで反転上昇してくれていますが、ではどうして今回バンドが機能してくれたのでしょうか?。

その答えは上位足である1時間足チャートにあります。

1時間足チャートを見ると、5分足チャートでトレードした価格帯で以前にも支えられており、またバンドも狭くレンジ相場であることが確認されたからです。

つまりこの手法は「レートがバンドを超えた価格帯で、以前にも上位足で支えられている」「上位足のバンドの状態が狭くレンジ相場であること」という条件が揃って機能しやすいということです。

まとめ

どんな方法や手法にも「利点と欠点」があります。

どんなに勝率の高い手法でも相場環境が崩れ、その手法が通用しない時期というのが必ず訪れるわけです。

問題は、その手法が通用しない相場を迎えたときどう対処していくのか?。

「トレード自体を控えるのか?。」

「いつもは50Pips以上狙うところを20Pips程度で抑えるのか?。」

いつもの自分のやり方が通用しない場面を迎えたときの対処こそ、実はトレーダーとしての本当の腕の見せ所です。

【無料メール講座】1週間でトレードが100倍上達する魔法のメゾット

FXトレードに必要な「相場環境の把握の仕方」「効果的なラインの引き方」「ブレイクすることで大きく値が伸びていくポイント」など詳しく解説しています。

登録はコチラ