デイトレード

【おすすめ移動平均線設定まとめ】MT4・FX5分足デイトレで使える設定とは?

この記事では「FXの移動平均線の期間について教えて欲しい」「MT4で移動平均線はどうやって設定するの?」「おすすめの設定期間が知りたい。」

と言った基本的な移動平均線の設定を序盤で解説し、後半ではデイトレや5分足トレードで使える実戦的な移動平均線の設定方法を解説しています。

MT4で移動平均線を表示させるチャート設定のやり方

MT4に移動平均線を表示させるには?

移動平均線はMT4では「Moving Average(ムービング・アベレージ)」と表記されています。

左上のメニューバーから「挿入」「インディケーター」「トレンド」「Moving Average」の順番にクリックしていけば移動平均線が表示されます。

Moving Averageまでクリックすると、下の画像のようなセッティング画面が表示されますので「OK」をクリックすると移動平均線が表示されます。

移動平均線の期間設定のやり方

移動平均線の期間の設定は「パラメータ」のタブから「期間」の項目で設定することが出来ます。

移動平均線の期間設定をする目的は「レートの短期的な流れが見たいのか?」「長期的な流れが見たいのか?。」ということにあります。

期間の設定値を小さくすれば、よりレートの動きに敏感に反応する短期的な流れを見ることが出来ます。

そして大きくすれば、より大きな流れを見ることが出来ます。

同じチャート画面なのに、移動平均線の設定値を変えただけで、見方が大きく違って見えますよね?。

このように、自分が短期的な売買を行うのか?それとも長期的な目線で行うのか?の目的別に期間設定を行っていきます。

移動平均線の色や太さを変更する方法

移動平均線の色や太さを変更する場合は「パラメータ」のタブにある「スタイル」で選択可能です。

コチラでは「移動平均線の色」「点線か実線か」「太さ」を選ぶことが可能です。

MT4での移動平均線の種類と設定値に関する注意点

MT4で選択出来る移動平均線の種類

MT4で選択出来る移動平均線の種類は以下の4つ。

1・単純移動平均(Simple Moving Average、SMA。)

2・指数移動平均(Exponential Moving Average、EMA)

3・平滑移動平均(Smoothed Moving Average、SMMA)

4・線形加重移動平均(Linear Weighted Moving Average、LWMA)

そして、MT4上で移動平均線の種類を変更するのは、設定画面の「移動平均の種別」の項目で変更できます。

ボク自身は「EMA」を長く使用しており、他の「SMMA」や「LWMA」などは使ったことはありませんし、意味もよくわかりませんが、問題になったことはありません。

最も多く使われている移動平均線の種類が「SMA」「EMA」のどちらかですので、この2つのどちらかを選択するのが無難かと思います。

移動平均線の適用価格を設定する

移動平均線とは、過去一定期間の価格を平均して線にしたものであり、移動平均線の適用価格は「どの価格で平均を取るか」を示しています。

適用価格は「Open(始値)」「High(高値)」「Low(安値)」「Close(終値)」の4つから選択することが出来ます。

例えば、適用価格がOpen(始値)であれば「一定期間の始値」を平均化したものになります。

おススメの適用価格は「Close(終値)。」

なぜなら、投資家は「終値」を基準に相場を判断することが多いため、他の3つの値よりも一番注目される値だからです。

他にも数種類ありますが、ほぼほぼ使うことはありませんし、ボクも使い方はわかりません。

Close(終値)だけ使っていればまず問題はないと思います。

設定数値や種類にこだわり過ぎないこと

移動平均線の設定値を決めるとき「どの設定値にすれば最も勝ちやすいのか?」にフォーカスしてしまいがちです。

ですが「絶対に正しい数値と言うのは存在しません。」

移動平均線は多くのトレーダーに愛用されるインジケーターですが、多くに使われている分トレーダー1人1人「期間設定」が違います。

20MAを使っている人もいれば25MAを使ってる人もいますし、100MAに設定してる人もいれば300MAに設定する人と様々です。

種類にしても、SMAを使ってる人もいれば、ボクのようにEMAを使ってる人もいるでしょうし、もしかしたらSMMAやLWMAを使ってる人もいるかもしれません。

このようにトレーダーごとに使用する設定値や種類は違いますし、全員が全員統一した設定でトレードしていない以上、あまり設定値にこだわり過ぎても意味はありません。

大事なことは「使い方」であり「20MAで勝てなかったトレードが25MAに設定し直したら急に勝てるようになった」なんてことはありませんので、あくまで「自分が使ってみて相性が良かったと思えた設定値」に合わせてもらえれば結構です。

大事なことは移動平均線に逆らわないこと

設定値や種類にこだわり過ぎると「移動平均線を使う上で最も大事なこと」を見逃してしまいがちになります。

どの期間設定や種類にしようとも、移動平均線を使う上で最も大事なことは、

「移動平均線の向きに逆らったトレードはしないこと。」

です。

移動平均線は「相場の流れ」を表すインジケーターであり、その流れを表す平均線に逆らうと、どんなに期間設定を変えても、やはりトレードは上手く行きません。

移動平均線を使う上で一番大事なポイントですので、しっかり覚えておいてください。

デイトレで使えるFX移動平均線設定おススメのやり方

移動平均線は短期・中期・長期の三本設定がおススメ

移動平均線の期間設定のおススメは1つのチャートで「短期・中期・長期」どちらの流れも見える「三本設定」です。

三本設定する上で大事なポイントは「長期線の流れに逆らわないこと。」

例えば下の画像のように、移動平均線では上げて来ているのに急落している場面があったとします。

しかし、このチャート画面に長期線・中期線を追加表示させてみると、短期線では上げて来ていても、長期線に阻まれて下落していることがわかります。

仮に短期線が上げて来ていても、その上に長期線が被さっていたらレートは上がり切りません。

このように移動平均線を複数表示させることで、1本では分からなかった流れが見えてくるようになります。

短期設定・中期設定・長期設定を決めるときのおススメ

ボクが短期・中期・長期の3本の移動平均線を使用する一番の理由は「上位足の平均線の状態を見たいから」です。

そのため、中期・長期線は「上位時間足平均線」になるようにセッティングしています。

例えば自分が1時間足チャートをメインにレートを監視すると決め、使用する平均線を20MAに設定するとします。

このとき中期設定・長期設定をするときは「監視チャートより上位足の20MA」になるように設定するのがおススメです。

1時間足チャートで例れば、4時間足の20MAや日足の20MAを中・長期線に添えると、1時間足チャートを見ながら4時間足と日足の20MAの状態を監視することが出来ます。

レートは基本的に「より上の時間足の移動平均線の向きに沿って動く」ので、ただ単にバラバラに設定するより「その平均線が何を表わしているのか?」を明確にしたほうがトレードはやりやすくなります。

時間足別の移動平均線をチャートに表示させる期間設定のやり方

日足・4時間足のような上位足平均線を現在見ているチャートに表示させるにはどうすればよいでしょう?。

そういう場合は「使用する移動平均線の期間設定×時間」で算出してみてください。

例えば20MAの移動平均線を使うとして場合、1時間足チャートに日足・4時間足の20MA平均線を表示させたい場合は、

20(1時間足の20MA)×4(4時間は1時間の4倍)=80。

80(4時間足の20MAに相当)×6(24時間は4時間の6倍)=480。

と、計算して「80MA」「480MA」に設定すれば、1時間足チャートに日足の20MA・4時間足の20MAが表示されます。

15分足チャートに1時間足と4時間足の20MAを表示させたい場合は、

20(15分足の20MA)×4(1時間は15分の4倍)=80。

80(1時間足の20MAに相当)×4(4時間は1時間の4倍)=320。

こうすると、80MAは1時間足の20MAに当たりますし、320MAは4時間足の20MAに当りますので、15分チャートを見ながら1・4時間足の20MAを同時に監視することが出来ます。

FX5分足デイトレで使いやすいおススメの移動平均線期間設定のやり方

5分足デイトレでおすすめの移動平均線設定

ボクは5分足でトレードする場合は、1時間足チャートを基準に環境判断を行います。

その時1時間足チャートに表示させる移動平均線の期間設定はコチラ。

長期線=480MA(日足の20MA。)

中期線=80MA(4時間足の20MA。)

短期線=20MA(1時間足の20MA。)

になります。

こうすることによって、1時間足の20MAの状態だけでなく、4時間足の20MAの状態、日足の20MAの状態を1つのチャートで見ることが出来ますし、日・4・1時間足の3つの上位足平均線の向きが揃ったポイントでエントリーするからこそ、5分足のような下位足は当然その向きに従うことになりますので、必然的に精度の高いトレードをすることが出来るようになるのです。

5分足でエントリーするときの移動平均線の期間設定

1時間チャートでエントリーポイントを見つけたら、5分足でエントリータイミングを見つけていくために5分足チャートに切り替えます。

しかし、中期線80MA・長期線480MAのままでは見方がズレてくるので、ボクの場合は短期線は20MAのままで、中期線・長期線を「60MA」「240MA」にセッティングし直します。

このとき中期線60MAは「15分足の20MA」に当たり、長期線である240MAは「1時間足の20MA」に相当します。

日足・4時間足の向きは確認しましたので、後は下位足である1・15・5分足の平均線の向きが一致すれば、日・4・1・15・5分足と上位足から下位足まで平均線の向きが一致することになるので、その方向へ向かう強い根拠になります。

まとめ

FXに「聖杯」は無いように、インジケーターの設定・種類にも「勝てる種類や設定値」と言うものはありません。

大事なことは「使い方」であり、ここを知らずして、どれだけセッティングを変更しようともトレードは勝てません。

あくまで「自分が使いやすいと感じたもの」で充分です。

【無料メール講座】1週間でトレードが100倍上達する魔法のメゾット

FXトレードに必要な「相場環境の把握の仕方」「効果的なラインの引き方」「ブレイクすることで大きく値が伸びていくポイント」など詳しく解説しています。

登録はコチラ!