FXの基礎

時間足とは?FX初心者おススメの勝てる時間足の見方と組み合わせで値動きを読み解く

 

時間足の見方とは?FX初心者に知ってほしいおススメの時間足の特徴と正しい使い方

なぜ、FXには複数の時間足があるのか?

FXには「1分足」「5分足」「15分足」「1時間足」「4時間足」「日足」と、複数の時間足があり、同じ通貨ペアを見てても使用する時間足によって全く形が異なります。

では、なぜFXではこんなに複数の時間足が用意されているのでしょうか?

それは各時間足を使用することによって「波の大きさ」を推し量るためです。

相場では値動きを「波」として捉えており、小さな値動きもあれば、大きな値動きもあったりと、状況によって波の大きさが変化します。

そして、それぞれの波を捉えるためには、1つの時間足だけでは不足で、小さい波も大きな波もバランスよく捉えるためには、さざ波程度の小さな値動きを捉える「1分足」や「5分足」のような「下位足」を使用し、津波のような大きな値動きを探知するために「1時間足」「4時間足」「日足」のような「上位足」の時間足を使用します。

つまり、より上位の時間足になるほど、変動が起きたときの値動きは大きくなるということです。

複数の時間足を使うことで何が分かるのか?

「どれぐらいの値幅と利益を狙うのか?」はトレードによってそれぞれ違います。

わずか数Pipsの狭い値幅を何回も狙うトレーダーもいれば、数十~数百Pipsの広い値幅を狙うトレーダーもいます。

つまり、複数の時間足を使うことによって、どういう思惑を持ったトレーダーが、どのタイミングで資金を投入してくるのかが見えてくるのです。

例えば、1分足や5分足の下位足をメインに使用するトレーダーの目的は「スキャルピング」という、ポジションの保有時間も短く、数Pipsの極狭の値幅で何度も売買を繰り返すことが狙いなので、ここで起きる変動には大きな値動きは期待出来ません。

しかし、1時間足や日足のような上位足をメインに使用するトレーダーたちは、「デイトレード」や「中長期投資」を目的としておりますので、ポジション保有時間も長く、投入してくる資金量も桁違です。

相場は大量の資金を投入し、なおかつポジションを長く保有することを目的としたトレーダーが多く参戦してくることで大きく値動きを起こします。

なので、複数の時間足を使用することによって、長い時間ポジションを保有する「デイトレード組」や、デイトレード組よりさらに多くの資金と時間を投入してくる「中長期投資組」の動きが掴めてくるということなのです。

「おススメの時間足」というのはない!

この記事のタイトルに「おススメの時間足」と書いてしまっておきながらアレですが、

”実はFXに「おススメの時間足」というのはありません!。”

時間足によって「勝ちやすい」「勝ちにくい」というのはないのです。

なぜなら、1分足であろうと、4時間足であろうと、トレードの基礎は変わらないからです。

逆に言えば、トレードの基礎さえキチンと押さえておけば、使用する時間足は何分足でも構わないわけです。

この意見については、各トレーダーによって賛否両論あると思いますが、トレードの基礎は全時間足で共通ですし、それをないがしろにして、1時間足で全く勝てなかったトレードが1分足にしたらズバズバ勝てるようになるとは思えません。

なのでこれから先は、「何分足でトレードするのが良いか?」という視点で読むのではなく、「全時間足に共通するトレードの基礎」として読み進めていってください。

各時間足チャートによる値動きへの影響の違いとは?正しい時間足の特徴と組み合わせ

勝てるトレードをするためには1つの時間足チャートだけ見てもダメ!

FXでは1つの時間足チャートだけ見るのではなく、複数の時間足もチェックすることをおススメします。

例えば、1分足でチャートではネックとなる節目を割り込んだり、超えてきたのに、価格が全く逆方向に進んでしまったという場合がよくあります。

しかし、他の上位足のチャートをよく観察してみると、15分足や1時間足のような大きな節目に当たって反転したということがわかります。

このように、1つの時間足チャートだけで分析するには「情報不足」であり、多くの情報を仕入れるためには、上位足・下位足をバランスよく見る必要があります。

それは、値動きはより上位足の影響を強く受けるほかに、情報不足のままトレードしてしまうと、思わぬダマシにあったり、大きく利益を上げられるポイントを見逃したりするからです。

1分足や5分足のような下位足だけ見ていても、大きな波の発生を探知出来ませんし、かと言って、4時間足や日足のような大きな時間足だけ見ていても、細かな流れの変化が見えてこないので、エントリータイミングがなかなか掴めません。

大事なのは「下位足と上位足のチャートをバランスよく使い分けること」です。

より上位足の時間足チャートのほうが値動きへの影響力は強い。

下の画像をご覧ください。

画像は1分足のチャートですが、AとBを結ぶ水平ラインをCで突破しており、Dまで値上がりしています。

ラインを突破したC地点から最高値であるD地点の価格差はわずか34~35pisほど。

では、1時間足のチャートを見てみましょう。

1時間足のチャートは、先ほどの1分足のチャートより、横ばいの大きさは小さいし、上昇の値幅も同じくらいに見えますが、画像のチャートでは175~176pipsほど変動しています。

と、言うことは、1分足のような下位足のラインを突破するより、1時間足のような上位足のラインを突破した方が、値動きは大きいということになります。

175pipsということは、1万通貨だと17500円ほど、10万通貨であれば17万5000円ほど利益を獲得出来るということで、FXでは下位足より、上位足のほうが値動きに対して大きな影響力あります。

水平線トレードでFXに勝つ勝率の高いエントリー・ブレイクを見極める正しい引き方。 水平線トレードでエントリータイミングを極める!簡単に使えるFXテクニカル分析の要 水平線のみで反発・ブレイクポイントが簡単にわかる...

時間足の見方の基本は「上位足」の流れに従うこと。

FX初心者の方が時間足を意識し始めると、おそらく最初にぶつかる疑問は、「15分足は上昇(下落)しているのに4時間足は下落(上昇)している」という「上位足と下位足の向きが違う」ということになっていくと思います。

もし、このような疑問にぶつかった場合は上位足の流れに従ってください。

なぜなら、時間軸の長い方のチャートの一部を切り取ったのが短い時間軸のチャートだからです。

下図を見てください、このチャートは15分足のチャートです。

ここの白い四角部分を見る限りは、上昇トレンドに乗っているように見えますよね。

しかし、同じ価格帯でも時間軸を長くして見ると下図のようになります。


このチャートは先ほどの15分足チャートを4時間足にして見たものです。

短い時間軸の15分足では上昇していたように見えた白い四角の部分が、長い時間足では、大きな下落相場の中の単なる戻りの上昇部分であることが分かります。

つまり、ここから4時間足チャートで高値切り上げ・安値切り上げが発生していない限り、大元の流れは「まだ下落途中」ということです。

そして、上記のチャートのその後は、高値切り上げ・安値切り上げという転換サインが発生しなかったため、再度大元の流れである下落の流れに戻っています。

このように、相場を見るときは目先の短いところだけを確認するのではなく、鳥の目のように大きな視点で見ることが重要です。

したがって、もし短い時間軸のチャートと長い時間軸のチャートの流れが逆方向の場合は、長い時間軸を優先させてください。

各時間足との組み合わせで勝率の高いエントリー!おススメの時間足の使い方とは?

上位足と下位足の時間足を組み合わせた理想のトレード

エントリーの基本は「上位足の流れに沿って下位足でエントリータイミングを測ること」です。

FXにおけるチャート分析の基礎は、大きい時間足の流れが上なのか下なのか、横ばいなのかをしっかり理解して、その流れにそって小さい時間足でエントリーします。

例えば1分足チャートをメインに使用しているなら、同時に15分足チャートもチェックしたり、15分足をメインに使用しているなら、1時間足や4時間足といった、メインに使用している時間足より上位の時間足と併用することによって、トレードの精度が断然違ってきます。

これからトレードを始めるFX初心者の方は、常にこの考え方を軸にしてトレードをしてみてください。

時間足チャート実戦例①上位足と下位足のチャートパターンを組み合わせたエントリーポイント

では、具体的にどうやっていくか見てみましょう。

下の画像をご覧ください、画像は日足のチャートです。

白〇のローソク足が長い下ヒゲを付けているのが確認出来ますでしょうか?。

前日のローソク足で長い下ヒゲを付けてくるということは、次の日のローソク足で大きく上げてくる可能性が高いです。

確かに上位足である日足の流れは「上昇」を示していますが、日足チャートのままでは、どこが最適のエントリーポイントか掴めてきません。

そこで、下位足である1時間足でエントリータイミングを模索していきます。

では、1時間足のチャートで、日足のヒゲ部分を見てみましょう。

白〇の部分が先ほどの日足のヒゲ部分に当たります、日足チャートではヒゲにしか見えませんでしたが、1時間足のような下位足で見てみると、細かくアップダウンを繰り返しているのが分かると思います。

細かく解説していくと、それまで長く続いていた下落の流れが、日足の下ヒゲ部分で止まり、1時間足の下位足で見ていくと、「ショルダーズボトム」というチャートパターンを形成しているのが分かると思います。

さらに、A・B・C・D・Eで「高値切り上げ・安値切り上げ」が出来ているため、下落から上昇の流れに転ずる条件が整っています。

黄色の水平線を突破することで、ショルダーズボトムが完成するため、黄色の水平線を突破するとさらに上昇の流れが加速していきます。

赤〇のポイントがエントリーポイント、その後大きく上昇しているのがわかりますよね?。

このように、上位足のローソク足の形状で流れを掴み、下位足でチャートパターンが出来ていないかを確認してエントリータイミングを掴んでいきます。

チャートパターン・移動平均線でエントリーポイント攻略!おススメのFXトレード手法 FX初心者におススメのインジケーターとツール解説!FXはこれだけあれば充分! FX初心者は「移動平均線」と「時間足」さえ使いこなせ...

時間足チャート実戦例②移動平均線との組み合わせでダマシを避ける

下の画像は15分足チャートで、A・B・C・Dを結ぶ上下黄色の水平線の中で価格がアップダウンを繰り返しており、赤〇のポイントDで若干価格がラインを上抜けています。

15分足チャート「だけ」で見るなら、ラインを上抜いているし、移動平均線も上向きなので、これから上昇の流れに入るように見えるでしょう。

特に、気の早い人なら、この時点で買いエントリーしてしまうこともあるかもしれません。

ですがその後、上昇するどころか、反対に急下落してしまっています。

もし、ポイントDで買いエントリーしてしまっていたら、とんでもない損失が発生することになっています。

では、なぜこのような事態になってしまったのか?、それは15分足チャートよりも上位足にあたる4時間足チャートを見てみると、一目瞭然となります。

白〇の部分が先ほどの15分足チャートでの横ばいの部分です。

15分足チャートより上位にあたる4時間足チャートを見てみると、15分足ではラインを上抜けたと思われていたポイントDの赤〇の部分が4時間足チャートの長期平均線に阻まれていることがハッキリと分かると思います。

しかも、4時間足チャートの移動平均線は大きく下向いており、価格も長期平均線の下にまだいますので、大きな価格の流れは「下向き」です。

このことから、上位足・下位足のチャートから総合的に考えて、「ポイントDの辺りで大きく価格が上昇することは考えにくい状態である」と考えることができます。

1つの時間足チャートと移動平均線の向きだけでは、本当の流れは見えてきませんし、思わぬダマシにも遭遇します。

現在見ている時間足チャートよりも、上位にあたる時間足チャートの状態も併せて見ることで、本当の流れが見えてきます。

移動平均線だけでFXは勝てる!FX初心者のためのカンタン移動平均線の見極め方! FX初心者のための移動平均線Q&A初級編~FXに欠かせない「移動平均線」とは?~ 過去の価格を平均化して線状にしたもの。 移動平...

まとめ

ボクがFXを始めたての頃、どんな手法やトレードテクニックを学んでも、なかなか結果が出なかった理由の1つに「1つの時間足だけに固執していた」というのがあります。

トレード手法というものは、「流れを正しく把握出来たうえで、初めて効果を発揮するもの」です。

どんなにスゴイ手法を学んでも、情報不足では正しいエントリータイミングでトレードすることが出来ないので、手法の効果は半減してしまいます。

なので、アレコレ手法を試す前に、「上位足と下位足のチャートをバランスよく観察する」「上位足で流れがつかめたら下位足でエントリータイミングを測る」「上位足と下位足の向きがチグハグだったら『上位足の向きに従う』。

ココを意識するだけでも、かなりトレード戦績は向上することでしょう。

超ド素人から極めるFX無料メール講座

FXの仕組み・口座開設のやり方・チャート分析のやり方など、これからFXを始めたい方向けの無料メール講座です。

登録はコチラ