手法・テクニック

初めてでも勝ちやすいFX手法のおススメの作り方!勝率UPのエントリーの基本まとめ

 

勝てるトレード手法まとめ!FX初心者におススメの簡単エントリータイミングの作り方

FX初心者でも勝ちやすいエントリーの方法とは?

勝率の高いエントリーは「トレンドフォロー」です。

トレンドフォローとは「流れに沿った売買を行う」ということで「流れが上向きの時は買う」「流れが下向きの時は売る」と、概要は単純なものです。

では、何を基準に「流れが上向いた」「流れが下向いた」と判断するのでしょう?。

それを判断するために用いるチャートパターンが「N字」です。

例えば流れが上向きの流れに入ると「高値切り上げ・安値切り上げ」の右肩上がりのN字を描きます。

 

逆に流れが下向きに入るときは「高値切り下げ・安値切り上げ」の右肩下がりのN字を描きます。

「流れが上向きの時は買う」「流れが下向きの時は売る」このトレンドフォローでのエントリーが最も勝率の高いトレードだと考えられます。

流れの上向き・下向きの判断は「N字チャートパターン」がどちらの方向を向いて成立しているかで決まります。

トレンド発生・継続する条件。

価格の流れはこのN字が出来て初めて「上向きの流れになった」「下向きの流れに転換した」と判断し、同方向へのN字が成立し続ける限り、その流れは永遠に続きます。

これは「ダウ理論」と言う、チャート分析の基礎となる理論です。

逆に言えば、このN字が成立しない限り、どんなに大きく伸びたとしてもトレンド発生とはみなしません。

下の画像をごらんください。

(あ)から値は下げてきましたが(い)で反転上昇し(う)のポイントまで戻していますが、この状態ではまだ流れが上向いたとはみなしません。

その後(え)に向けて再度値は下げてきましたが、前回の安値である(い)を更新することができませんでした。

 

ここで安値の切り上げが確定し、その後(お)が直近の高値である(う)を突破したことで初めて「上昇トレンドに入った」と考えることが出来ます。

ダウ理論とは?FXトレード手法に転用させるトレンド転換・エントリー・平均値の見方 ダウ理論で何がわかる?FXトレード手法の土台となる基本理論を初心者に詳しく解説! ダウ理論はFXトレードの「あり方」を知る土台部分...

「ダウ理論」では同方向へのN字パターンが成立し続ける限り、その流れは永遠に続きます。

逆にこのN字が成立しない限り、どんなに値が伸びてもまだ流れが出来ていないとみなします。

FX初心者におススメのエントリータイミング「押し目」とは?。

値動きがNの字を描いたとき、これをもって「上昇(下落)の流れが確定した」と判断します。

具体的なトレード手法としては、上昇トレンドが確定したとき、一旦前回の高値付近まで下落し、そこで反転して再度上昇に向かうタイミングを狙って買いエントリーする「押し目買い」。

もう一つはその逆で、下落トレンドが確定したとき、一旦前回安値付近まで上昇し、そこで反転して再度下落に向かうタイミングを狙って売りエントリーする「戻し売り」の2つです。

相場はアップダウンを繰り返しながらトレンドを形成しますので、上昇しても一旦前回高値付近まで値を戻しますし、下落してても、一旦前回安値付近まで値を戻します。

下が押し目が出来たときの実際のチャートです。

価格が高値切り上げ・安値切り上げの右肩上がりのN字を描いた後、一旦前回高値まで値を戻して、そこから前回高値に弾かれるように黄色〇のポイントで再度上昇していますよね。

この黄色〇のポイントが押し目です。

このように押し目・戻し目で入ることが出来ると、大きな伸びを根元からしっかり獲っていくことが出来るようになります。

N字パターンが成立し、前回高値(安値)でしっかり押し戻されることで価格は大きく伸びていきます。

この「押し目買い」「戻し売り」で入ることが出来ると、大きな伸びを根元からしっかり獲っていくことが可能になります。

節目付近で出来る「チャートパターン」に注目!

価格が節目付近に到達すると、取引が活発になり、そして活発に動いた結果、その方向へ向かう「サイン」を出す可能性が高くなります。

そのサインが「ダブルトップ・ボトム」「ヘッドアンドショルダー・ヘッドアンドショルダーボトム」といったチャートパターンです。

例えば押し目となるサポートラインでの「ダブルボトム。」

 

戻し目となるレジスタンスラインでの「ヘッドアンドショルダー。」

節目付近で押し目を付ける際、これらのチャートパターンが発生したときはかなり高確率で勝つことが出来ます。

それは、そのラインが「底(天井)」であることを示している証拠であり、まさに絶好のトレードチャンスになります。

なので、価格が押し目を付ける際、このチャートパターンをチエックしてみてください!

価格が反転するとき、そのサインとして押し目(戻し目)付近でチャートパターンが発生する可能性が高いです。

それは、その価格帯を「底(天井」であることを相場が認めた証拠となりますので、値が大きく伸びる強い根拠となります。

上位足の状態も確かめること

押し目・戻し目でのエントリーは勝率の高いエントリータイミングでありますが、それも「上位に当たる時間足」の状態も確かめる必要があります。

なぜなら、各時間足でのN字の向きがチグハグだと、押し目・戻し目と思ってエントリーしたとしても、価格が逆行してくる可能性が高いからです。

例えば、1分足や5分足のような細かい時間足チャートでは右肩上がりのN字が成立していたのに対し、1時間足や4時間足のような大きな時間足チャートで右肩下がりのN字が成立していたらどうなるでしょう?。

そうなると、1時間足や4時間足チャートでトレードしている人にとっては「下落の流れの中」と思われていますので、1分足や5分足では上昇の流れだと思ってても、逆に下げてくる可能性が高いのです。

ですので、1つの時間足チャートだけで判断するのではなく、メインとして使う時間足よりも1つ2つ上の時間足チャートの状態も確かめて、上位足でも同じ向きのN字になっているかをチェックしましょう。

上位足・下位足のN字の向きがチグハグだと価格は思うような伸びを見せません。

大きな値動きとなるときは、上位足・下位足双方のN字の向きが一致したときです。

実戦で検証するFXの勝てる手法まとめ!FX鉄板のエントリーポイント実戦トレード例

トレンド転換時の実戦トレード例。

下の画像をごらんください。

まず、価格は白のラインに沿って上昇しており、ポイントAで最高値を付けたあと、急落して直近の安値である黄色のラインのポイントBをポイントCで割り込んでいきました。

ここで白ラインの上昇の流れは一旦終了ということになります。

しかし、ここですぐに売りエントリーするのは時期尚早、まだまだ反転上昇する可能性がこの時点では残されていますので、もう上がることがないことを確かめるため、しっかり戻し目を付けるのを待ちます。

その後、ポイントEで安値を付け、ポイントDまで反転上昇しましたが、ポイントDで前回の最安値であるポイントBの黄色のラインを抜くことが出来ないまま下落し、しっかり戻し目を付けたことを確認しました。

さらにポイントFが直近の安値であるポイントEを割り込むことで、高値切り下げ、安値切り下げが成立し、下落トレンドが確定しました

さらに、高値安値を切り下げたことでポイントAを起点にポイントDを結ぶトレンドラインを引くことが出来るので、ポイントFは売りエントリーするための強力な根拠になります。

その後は予想通り大きく下落へ向かいました。

チャートパターン発生での押し目買い実戦例。

次の実戦例は節目付近でチャートパターンを作った時の実戦例です。

画像のチャートでは、白枠で高値切り上げ・安値切り上げの右肩上がりのN字が成立していますので、流れが上向いたと判断出来るポイントです。

その後、一旦前回高値まで値を戻し、黄色の水平線が「サポートライン」として機能し、その上でキレイな「ダブルボトム」というチャートパターンを形成しています。

このように、前回高値付近でしっかりサポート(レジスタンス)を受け、チャートパターンが出来るということは、相場が「この価格帯が底(天井)である」ことを認めたということなので、値が伸びやすくなります。

勝てないFX手法の検証まとめ。勝率と期待値の低いエントリータイミングとは何か?

勝率と期待値の低いエントリータイミングとは?

価格の流れに沿った売買を行うトレンドフォローが一番勝率の高いエントリーではありますが、どこからでも入って良いというわけではありません。

流れに沿ってトレードであっても、

価格が伸びきったポイントから入るのは最も勝率の低いトレードになります。

例えば下の画像の価格がすでに大きく上昇したAポイントから追随したらどうなるでしょう?。

これだけ強く上昇しているんだから、この流れに追随したくなるポイントではあります。

では、Aポイントで買いエントリーをしてしまった場合、結果がどうなったか見てみましょう。

 

わずかに上昇したものの、その後はじりじりと下落していってますよね?。

このように、伸びきった後を追いかけてしまうと、とんだしっぺ返しを食ってしまう可能性が高いのです。

価格が伸びきった後から入るのは最も勝率の低いトレードとなります。

相場では100%「利益確定」という動きがある

「あれだけ勢いよく上昇してたのにどうして?」

と不思議に思うかもしれませんが、

実はこの下落はAポイントより遥か下の価格帯で買いエントリーをした投資家が「利益を確定し、資産を引き上げ始めたから」なんです。

相場では100%「利益確定」という動きが入ります。

なので、Aポイントで追随して負けてしまったトレーダーは、さらに下の価格帯で買いを入れた投資家の確定売りに巻き込まれてしまったということになります。

投資と言うのは、人気が出た部分を利益に変えて行くものであって、人気が出てから投資するものではないのです。

なので勝てる投資家は、他のトレーダーが気付く前に勝負を開始し、人気が出たころには既に手仕舞いの算段を考えています。

相場では100%「利益確定」という動きが入ります。

なので、値が伸びきった後を追いかけてしまうと、根元から勝負した投資家の利益確定の動きに巻き込まれてしまう可能性が高いのです。

勝てるトレーダーは一歩前に動いている。

相場の格言に「靴磨きの少年が株価の話をしだしたら手放し時」というのがあります。

そもそもマーケットの世界に全く関心のない人間の耳にまで情報が届いているということは、「それぐらい価格が急騰してしまっている」という何よりの証拠なのだそうです。

下の画像をごらんください。

コチラは民主党政権下の超円高期から2018年までのアメリカドル/円のチャートです。

あれだけニュースやワイドショーで「円高だ円高だ」「もう二度とドルは上がることはない」と騒いでいたのに、その後あっという間に120円を突破しましたよね?

つまり、一般大衆が全くドルに関心を示さなかったポイントBで勝てるトレーダーはすでに仕込みに入っていたということです。

おそらく一般大衆がドルの上昇に関心を持ち始めたのは価格が完全に伸びきってしまったAポイントの頃でしょう。

そこで「ドルの値段が上がってきてるから今が買いだ!」と一般の方々が追随し始めるころ、ポイントBで仕込みをしていたトレーダーは悠々と利益を確定し始めたため、ドルは再び下落しはじめ、Aポイントで買った投資家はBポイントで買った投資家の利益確定の波に巻き込まれ大損してしまったということです。

なので、トレードで勝っていくためには価格が伸びる一歩前にポジションを仕込んで、大多数が参加・追随してくることでできあがったトレンドを利益に変えていくことです。

まとめ

・価格が伸びる一歩前に仕込んで、追随されることで伸びた価格を利益に変えるトレードをする。

・高値・安値を切り上げ(切り下げ)ることで初めてトレンドが確定する。

・上昇トレンド・下落トレンドが確定した後の「押し目買い」「戻し売り」これを意識するだけで勝率UP!

・押し目(戻し目)を付けるときの節目で出来るチャートパターンに注目する。

・一つの時間足だけみるのではなく、「上位足」「下位足」をバランスよく併用する。

「トレンド確定時の節目でトレードする」これだけでも勝率はかなり違います。

トレンドが確定したポイントはいよいよ伸びていこうかという気配を察知したトレーダーが本腰を入れて資金を投入してくるポイントだからです。

なので、他が追随してくる一歩前に仕込みをして、第二第三陣が飛びついてきたことで伸びた価格帯をモノにしていきましょう!

超ド素人から極めるFX無料メール講座

FXの仕組み・口座開設のやり方・チャート分析のやり方など、これからFXを始めたい方向けの無料メール講座です。

登録はコチラ